スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーの作り方 ~ひろしとしゅんちゃん風~ 

しゅんちゃん
「お母さんのお誕生日だから、
お父さんと二人でカレー作ってあげる!」


ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
しゅんちゃんのいい考えで、お母さんの誕生日プレゼントに、二人でカレーライスを作ることになりました。

「お父さん~、だけど、カレー作るのちょっと大変だよね~。」
(※しゅんちゃんのこの言葉の意味が次第に分かってくると思います。)

「大丈夫、親子だから二人で力をあわせたら作れるよ!」

「よーし! お父さん! 二人で頑張ってつくろうね!」

カレーの作り方 「えい!えい!おー!」
「えい! えい! おーっ!」


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
        『わが家のカレーの作り方』
            ~ ひろしとしゅんちゃん風 ~
*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

朝9:00
「えい! えい! おーっ!」のかけ声で、お料理スタート! ここからが、長いです。 相当長いです。 読まれるみなさんも、ぜひ頑張ってください。

【カレー用のお肉に下味をつける】
1.カレー用のお肉に塩と胡椒で下味をつけます。

  ※ 塩はブルターニュ産の岩塩をミルで挽きます。
  ※ 大粒の黒胡椒をミルで挽きます。

2.軽くもみながら塩と胡椒がお肉に均等につくようにします。
3.ボールにいれたままラップをかけて、冷蔵庫で寝かせます。

  ※ 浸透圧で塩と胡椒がお肉によくなじむようにします。

カレーの作り方 「お肉を塩と胡椒で下味つけ」



【サラダオイルをニンニクの薄切りと一緒に加熱】
1.ニンニクを薄切りにスライスします。
2.スライスしたニンニクの芯を、一枚一枚ていねいに楊枝で
  くりぬきます。

  ※ この芯をとるかとらないかで、オイルの味と風味が大きく
    左右されます。


カレーの作り方 「ニンニクの芯を取る」

3.鍋にオイルを入れ、“加熱を始める前に”ニンニクを入れま
  す。
4.ニンニクがきつね色になるまで、こげつかないように菜箸で
  動かしながら、オイルを加熱します。


カレーの作り方 「ニンニクをオイルを低温から温める」

5.ニンニクがきつね色になったら、オイルから取り出します。
  これはもう鍋には戻しません。

  ※ ニンニクの味と香りは十分オイルに入っています。
  ※ これ以上お鍋に入れておくと、
    次の玉ねぎを炒める段階で、ニンニクがこげつき、
    玉ねぎの味を損ねてしまうからです。
  ※ ここで、ニンニクを思い切って取り出してしまうことで、
    大人も子供も楽しめるマイルドなニンニク味になります。


カレーの作り方 「ニンニクがきつね色になったら取り出す」



朝9:30
やっと、玉ねぎのみじん切りと炒めに入ります。 今日使う玉ねぎは中玉で15個。 15個です! これをミキサーなどの調理器具は頼らず、包丁で丁寧にみじん切りにしていきます。

みじん切りを始めると、涙が止まりません。
隣でしゅんちゃんはタオルで目を押さえながら、玉ねぎの皮むきを手伝ってくれました。 何度か、ソファーにひっくりかえってダウンしていましたが。。。

【玉ねぎを2時間30分炒める】
1.玉ねぎの皮をむき、みじん切りにする。

  ※ 玉ねぎの皮は、決してひとつの断片も残らないように丁寧
    に皮をむきます。 炒めている途中に、お鍋の中に皮を
    発見したら、絶対に取り出します。 玉ねぎの皮はこげて
    縮れてしまい見えなくなりますが、舌触りが決定的に悪
    くなります。
  ※ 玉ねぎの場合も、ニンニク同様に、余分な芯を取り除きま
    す。 なめらかな舌触りを追及します。
  ※ みじん切りの大きさも、できるだけ均一になるように努力
    します。 火の通り方を均一にします。


2.父ひろしは、15個分の玉ねぎのみじん切りを続け、
  しゅんちゃんは隣で絶対にこげつかないように注意深く
  炒め続けます。

  ※ みじん切りと炒めは同時進行です。
  ※ 絶対にこげつかせてはいけません。
  ※ 火は中火くらいで、とにかく丁寧にゆっくりと炒めます。


カレーの作り方 「玉ねぎを丁寧に炒める」



朝10:00
玉ねぎのみじん切りは完了しますが、炒めは続きます。 玉ねぎがこげつかないように炒めながら、同時進行で他の具材の下ごしらえにかかります。

【きのこを食べやすい大きさにカットする】
1.きのこは、しめじ・エリンギ・マッシュルームなど季節のきのこ
  を2~3種類、それぞれ2~3パック使います。
2.水洗いをして、石附を切り落とし、手で裂くように食べやすい
  大きさにしていきます。
3.ざるにあげ、余分な水気をきるようにします。


カレーの作り方 「きのこの下ごしらえ」



【ニンジンとジャガイモの下ゆで】
1.しゅんちゃん用(子供用)のニンジンとジャガイモを1食分
  角切りにします。

  ※ 野菜類は子供用と大人用の別々の仕込みになります。

2.ニンジンとジャガイモを下ゆでします。
  ※ ニンジンとジャガイモは煮すぎると型崩れしてしまうので
    別に下ゆでします。 それで1食分ごとにゆでます。
  ※ 別ゆでしたほうが、ニンジンの赤色、ジャガイモの黄色の
    色が鮮やかになり、最終的に色取りがきれいになります。
  ※ しゅんちゃんは特にニンジンとジャガイモを食べたがるの
    で、形と色を楽しく見えるように工夫してます。


カレーの作り方 「ニンジン・ジャガイモを下ゆで」



【お肉を焼く】
1.最初に塩・胡椒しておいたお肉を冷蔵庫から取り出し、
  表面に軽く小麦粉をまぶします。

  ※ 煮込んでも型崩れせずに、ジューシーさを保つためです。

カレーの作り方 「お肉を小麦粉でまぶす」

2.高温に熱しておいたフライパンで、表面に少し焦げ目が
  つくかつかない程度に、一気に焼き上げます。

  ※ 決して焦がし過ぎないように。
  ※ 炒めている玉ねぎにお肉のこげが移らないように、
    別に焼きます。
  ※ お肉の美味しさを引き出します。
  ※ ほとんどレアのステーキと同じ状態です。この段階で白い
    ごはんと一緒に食べても、むちゃくちゃ美味しいです。
    匂いもたまりません! 我慢です。 だけど時たま食べて
    しまいます。 おなかペコペコで。


カレーの作り方 「お肉を焼く」



ここまで下ごしらえを終えて、いよいよ玉ねぎ炒めあげます。

ひろし
「しゅんちゃん! もう一息頑張れるか?」

しゅんちゃん
「うん!」

【玉ねぎをこげつかせずきつね色になるまで炒める】
1.玉ねぎ15個をみじん切りにして、きつね色になるまで2時間
  半丹念に中火から弱火で炒めあげます。

  ※ 炒めはじめ30~40分を過ぎると、いったん白っぽくなり、
    粘り気が出始めます。
  ※ いため始めて1時間~1時間20分を過ぎると、きつね色
    になり出します。
  ※ きつね色になり始めたら、火を弱め絶対にこげつかない
    ようにします。
  ※ なんと玉ねぎ15個が鍋底が見える程度まで量が減って
    しまいます。


カレーの作り方 「玉ねぎを炒めあげる」
「ジャーン!」



昼12:00
やっと、玉ねぎ炒めが完了です!

ひろししゅんちゃん
「やったーっ!
俺たち頑張ったなーっ!」


キンコーン! カンコーン!
外ではお昼の鐘が鳴っています。
しかし、わが家はまだまだお昼ごはんにはなりません。
朝の9時から料理を始めているのに。。。。
汗はだくだく。 体はクタクタ。 おなかはペコペコ。

さくら
「何かお昼ごはん作ろうか? 一休みする?」

しゅんちゃん
「俺たちまだまだ頑張る!
お母さんのお誕生日だから!」


【具をあわせてブイヨンで煮込む】
1.玉ねぎが炒めあがったら、フライパンで焼いた肉とあわせて
  数分炒めてなじませます。

  ※ 肉を焼き上げは、この玉ねぎとあわせるタイミングを見計
    らいます。 肉が焼きあがったらジュージューしている
    うちに玉ねぎとあわせます。
  ※ トロトロになった玉ねぎと肉汁がなじむように、数分間だけ
    弱火でいためます。


2.水とブイヨンペーストを加え、強火で煮込み始めます。
  ※ 鍋の温度が急激に下がらないように、冷たすぎない常温
    の水を加えます。 このために、水は予め計っておいて
    準備しておきます。
  ※ 以前は、水ではなくブイヨンを作っていましたが、今の
    市販のカレールーの中には、この段階での煮込み用の
    ブイヨンが付いているものがあるのでこれを使ってい
    ます。

カレーの作り方 「常温の水を加える」

3.きのこ類を入れます。
  ※ キノコ類はブイヨンスープで煮込み始めてから入れます。
  ※ 炒めの段階で入れてしまうと、キノコ類が油を吸いすぎて
    風味を損なってしまうからです。


カレーの作り方 「キノコ類を入れる」

4.きのこが入ったら、火を中火にします。
  ※ キノコを強火で煮すぎると、柔らかくなるのではなく、
    ヘナヘナになってしまうので、中火で丁寧に煮込んで
    いきます。


5.ローリエの葉を入れます。

6.アクを丁寧に取りながら、20~30分煮込みます。
  ※ 油断して鍋底でこがさないようにします。 万が一、この段
    階でごがしてしまったら確実に台無しです。
    鍋からは目を離さず、気はぬけません。


カレーの作り方 「アクを取りながら煮込む」



【いったん火を止め、煮込みの温度を70℃までさげる】
1.煮込みが完了したら、いったん火を止めます。

2.鍋の中の煮込みの温度を70℃までさげ、ルーが滑らかに
  溶けるようにします。

  ※ 鍋敷きに水でぬらしてしぼった布きんを置き、この上に
   鍋を移して120秒待ちます。


3.わが家の場合、この段階で、大鍋から子供用の小鍋と
  大人用の中鍋にとりわけます。

  ※ 煮込んだ大鍋の残りは、翌日用です。
  ※ だんだん疲れて暑くて意識朦朧。 写真を取り忘れました。



【野菜の具を加えて、カレールーを溶かし、煮込みます】
1.しゅんちゃんの子供用の小鍋に、予め下ゆでしておいた
  ニンジンとジャガイモを加えます。

  ※ 大人用には加えません。

2.火を消したまま、ゆっくりとルーを溶かします。
  ※ 子供用はしゅんちゃんが、大人用は私が、ゆっくりと丁寧
    にカレールーを溶かしていきます。 ゆっくりゆっくりと
    注意深く溶かして、滑らかにしあげます。


3.15~20分程度、中火で最後の煮込みをします。
  ※ 最後の煮込みは絶対に目を離せません。 とても焦げやす
    いので、集中して煮込みます。
  ※ この段階で万が一焦がしてしまったら、こげこげカレーに
    なってしまいます。 食べれません。


カレーの作り方 「カレールーを溶かす」



午後2:00
ついに! ついに!
ひろしとしゅんちゃん風カレーの完成!


しゅんちゃん
「やったーっ! お母さん、カレーできたよ!
もうおなかペコペコだよ。 早く食べよう!」


さくら
「しゅんちゃん、ひろし、ありがとう!
お母さん、とっても嬉しいな。
じゃあ、早速みんなでいただきましょう。」

ひろししゅんちゃんさくら
「いただきまーす!」

バースデーカレー 「美味しそう!」

「うわ~、美味しそう!」

バースデーカレー 「美味しそう!」

はるちゃん
「ばぶーっ! (えっ? ひょっとして私も食べれるの? 嬉しい! 早く!)」

さくら
「美味しい!」

はるちゃん
「ばぶーっ! (結局、私は食べれないのね。 それじゃあ、私泣いちゃうから!)エーン! エーン!」

バースデーカレー 「いただきまーす!」
「いただきまーす!」

バースデーカレー 「美味しい!」
「こんな美味しいカレー初めてだよ!」

バースデーカレー 「もう食べちゃった!」
「美味しすぎるから、もう全部食べちゃった!」

バースデーカレー 「お父さんのカレーも食べちゃおう!」
「お父さんのカレーも狙ってるからね!
食べちゃうもんね!」


ひろし
「おっ! 大丈夫か!? 辛くないか?」

しゅんちゃん
「ちょっと辛いけど美味しい!
ボク、大人用のカレー食べれちゃったね!」

わが家の大人用のカレールーはランク5の辛口を使っています。 確かに辛さは十分ありますが、玉ねぎの甘さがそれを包み込んでいるので、しゅんちゃんでも食べれてしまいます。 でも、しゅんちゃんはやっぱり甘口が好きですが。

ひろしとしゅんちゃん風カレーでは隠し味は使いません。 変に何かを足すのではなく、市販のルーの持ち味を最大限に引き出すようにします。 市販のルーは、プロの専門家が何十年にもわたりカレー粉の研究を重ねた上で最高のバランスで完成させているからです。 このバランスを崩さないことの方が大切だと思っています。

以前は赤ワインだけは入れていましたが、これはしゅんちゃんが食べるようになって中止中です。
(※ この赤ワインはとても難しく研究の途中です。何cc加えるのが一番いいバランスかまでは検証できましたが、赤ワインのぶどうの品種に悩んでいます。)

そのかわり、食材と仕込み、調理には徹底的に手間と気を使います。

この日は計画的に前日から食材の買い付けを済ませていましたが、しゅんちゃんが朝起きて、

しゅんちゃん
「カレーが食べたい!」

と突然言い出しても、それから買い物に行って食材をそろえだすと、食べるのは夜になってしまいます。 ですから、この頃しゅんちゃんも夕ごはんの時間が近づいたときに、こんなことを言います。

しゅんちゃん
「なんかカレーが食べたくなっちゃたけど、これからじゃムリだよね~。 ボクが寝るくらいじゃないと完成しないよね~。 今度お休みの日になったらカレー作ってくれる?」

わが家のカレーライスは、いつもこんな調子なので、軽々しく、
ひろし
「今晩はカレーにしようか?」
などと言えません。
作るのは、私、父ひろしですから。。。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

最後まで読んでくださったみなさん、ありがとうございます。

今の一番の課題は肉の仕上がりで、これには納得がいっていません。 肉質も吟味していますが、一方で料理方法にどこか間違いがあるようです。 肉汁をジューシーに閉じ込めながら、箸でも切れるようにやわらかくしあげるにはどのようにしたらよいのでしょうか?

この「ひろしとしゅんちゃん風カレー」のレシピ(?)は、このように私が試行錯誤を重ねたオリジナルですので、食べ物・料理については真剣な方が多いですから、異論・反論のある方もいることでしょう。

そんなみなさんのカレーレシピもぜひ教えてくださいね。

【※お願い】 ちなみに私は素人ですので、ご指導は好意的にお願いします。



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
さくら
さくらのバースウィーク 《関連エントリ》
今週は、私の「バースウィーク」 だったんです。 えっ? 「バースウィークってなに?」って思いました? バースウィークは、「バースデーを含む、前後約一週間のこと」で、わが家は連日バースデーパーティーをするってわけなんです。

スポンサーサイト

「ぼく、きゅうり大好きになっちゃった!」 食育ごはん生活術 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

きゅうりともずくの組み合わせが大好きなひろしのために、わが家では夏になると「きゅうりもずく」がしょっちゅう食卓にあがります。

しゅんちゃんも、もずくが大好き。 でも、

「ぼくのは、きゅうり入れないでよ!」

というので、昨日もしゅんちゃんの分だけきゅうりを入れずにもずくだけを器に入れました。

ところが、

「ぼく、こっちのきゅうり入ってるほうがいい!」

と言って、私の分のきゅうりもずくをモリモリ食べるしゅんちゃん。
きゅうりもずく大好き!

「あれ? しゅんちゃん、きゅうりは苦手なんじゃなかったっけ?」

しゅんちゃん
「今日ね、保育園のお庭でとれたきゅうりを食べたら、すっごくおいしかったんだー! ぼく、きゅうり大好きになっちゃった!」


しゅんちゃんが通っている保育園では、お庭できゅうり、トマト、枝豆、とうもろこしなど、いろんな野菜を栽培しています。

「『おおきくな~れ~!』って言いながらお水をかけてあげると、大きくなるんだよ。」

なーんて、かわいいことを教えてくれたりもします。


「トマトは、最初はみどりで、だんだん赤くなるんだよねー。」

「このはっぱの形はきゅうりだよ。」

毎日少しずつ育っていく野菜たちから、いろんなことを学んでいるようです。


自分で育てたきゅうりは、おいしい!


野菜を育てるって、とっても素晴らしい食育ですね。

おいしくてヘルシーなピザを作ろう! 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

暑いですね~

こんな日には、お風呂上がりにグビっといきたいですよね~

はあ。。。。。


ビールが飲みたいーーーーー!
(けっしてアル中ではありません。念のため)


ついでに、

ピザが食べたいーーーー!

って気分だったのですが、しゅんちゃんとひろしが、

「ピザをパクパク食べると、ふとっちょ! ふとっちょ!」

っていう、ヘーンな歌を歌うんですよ~


たしかに、デリバリーのピザはカロリー高そうだし、家計にも高くつくし。。。

で、この週末は、しゅんちゃんとお家でピザを作りました。


まずは、しゅんちゃんが公園でひろしと野球しているあいだに、ピザの生地を作り始めます。

【ピザ生地の作り方(天板1枚分)】
1.強力粉100g、薄力粉75g、砂糖・塩・ドライイースト各小さじ1、水100㏄をボールに入れて、木べらでかき混ぜます。

2.粉に水分が吸収されたら、オリーブオイル大さじ1を加えてこねます。

3.表面がなめらかになったらひとつにまとめて、ボールに入れてラップをはって、温かいところに45分くらい置いて発酵させます。


発酵させはじめて10分くらいたったところで、ちょうどしゅんちゃんとひろしが帰ってきました。

「しゅんちゃん、トマトソース作るのお手伝いしてくれる?」

【トマトソースの作り方】
1.フライパンにオリーブオイル大さじ1、みじん切りにしたニンニク1かけを入れてじっくり炒めたら、トマト缶1缶を加えてさらに煮詰めます。
トマトソース

2.お好みで、みじん切りにしたバジルやパセリなどを加えて、できあがり。



「いよいよピザを作るよ!」

1.発酵してふくらんだ生地を、クッキングシートを敷いたオーブンの天板に乗せて、手でのばします。
生地をのばす

2.のばした生地を上にトマトソースを塗って、お好みの具とチーズをたっぷり乗せます。

「ぼく、お顔をつくるよ!」
「お顔をつくるよ!」

「お顔のまわりは、赤いピーマンを乗せて~、もっともっといっぱい乗せちゃえ~!」
具をたっぷりトッピング

3.200℃に温めておいたオーブンで18~20分焼いたら、できあがり!
ピザのできあがり♪



おいしい~♪
おいしーい!

このピザのレシピは、私が子供のころ母と妹たちと一緒に作ったレシピで、とってもカンタンでおいしくつくれるんですよ。

お家で作ると、油っぽくなくて、パクパク食べられちゃいます。

でも、パクパク食べちゃったら、やっぱり太っちゃうかな?


ああ~、これにビールがあったら最高よね~

去年の7月からもう1年も飲んでないよ~


はるちゃーん、まだまだおっぱい飲むよね。。。

星型のホットケーキを作ろう! 食育ごはん生活術 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

しゅんちゃん
「お星さまの形のホットケーキが食べたい!」

「う~ん、それは難しいね~。」

「ぼくいいこと考えた! このまえの保育園のおにぎりクッキングのときみたく、牛乳パックをチョキチョキ切って、お星さまの型抜き作るのは?」

「しゅんちゃん、またまたいい考え思いついたね~。 さっそくやってみよう!」


牛乳パックをきれいに洗って、2センチくらいの幅に切ったものを3つつなげます。
このままでは焼くときに溶けてしまいそうなので、アルミホイルでくるんだらできあがり。

しゅんちゃん、お星さまをいろんな形に変身させながら、お話しを作ってくれました。

>>> 「お星さまがいろんな形に変身!」 (動画)
(音声をオンにして最後の一言までお楽しみください。)

お星さまがいろんな形に変身!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・


さて、いよいよ星型のホットケーキを焼いてみよう!

星型のホットケーキを作ろう!

あれれ、2センチ幅に切るとき、ていねいに切っておかないと、ホットケーキの生地を流し込んだときに、型の下からはみでちゃうんだね。


「お母さん、 泡がプクプクしてきたよ! ほら、ここ!」
星型のホットケーキを作ろう!

じゃあ、ひっくり返すよ~
うん、うん、いい感じ。
でもこのままじゃ、生地がフライパンから離れてて、裏側が焼けないね。
フライ返しでそっとはがしてみようか?
星型のホットケーキを作ろう!

うまく焼けたみたい!

バターとはちみつをた~っぷりかけて。。。
星型のホットケーキを作ろう!

できあがり~♪


「ぼくは小さい“まる”のホットケーキを焼くよー!」
星型のホットケーキを作ろう!

しゅんちゃん、真剣だね~

「1、2、3、4、5、6、7、8! 8段もあるよ!
『バムとケロ』に出てくるパンケーキみたいだね!」
バムとケロのパンケーキみたい!
>>> 「バムとケロのドーナツ作って、ドーナツ屋さんごっこしよーう!」


「今日はおうちピクニックで食べようね!」
>>> 「おうちピクニックしよう!」 食育ごはん生活術

「やったー!」

いただきまーす!
いただきまーす!

おいしい~♪
バムとケロのパンケーキみたい!

しゅんちゃん
「星型のホットケーキおいしいね! おうちピクニックにすると楽しいね! またやろうね!!」

こんど星型のホットケーキを作るときは、型は1センチ幅くらいにして、あふれるくらいギリギリいっぱいまで生地を流し込めば、ひっくり返したときもそのままきれいに焼けるかな?

しゅんちゃん、また一緒に作ろうね!



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」

保育園でもプリントして使う『食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!』 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

プリントして使う「食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!」で、毎日バランスよく、もりもりごはんを食べているしゅんちゃん。

食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!』
食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!


しゅんちゃん
「これ保育園に持っていってみんなにも見せたいよー!」

というしゅんちゃんの言葉から、

「保育園でお友だちみんなに使ってもらえたら嬉しいね。」
ということで、園長先生にお渡ししてきました。

次の日さっそくしゅんちゃんのクラスで<ぬりえ>を使ってくださって、みんなの作品を壁に飾ってくれました。

「ねえ見て見て、ぼく上手に塗れたでしょう!」
「じゃがいもは土の中に入ってるから黒で塗ったんだー!」
食育ごはん生活術シートを保育園で1



しゅんちゃんが通っている保育園の事務室の前には毎日、その日の給食とおやつが掲示されています。

お迎えのときに、
「しゅんちゃん、今日のおひるごはんはなに食べたのー?」
「コロッケとー、おつゆとー、りんご! おいしかったよー!」
と、会話が弾みます。

「今日保育園で食べたのと同じのを作ってー!」
とリクエストされたとき、献立表を見ただけではどんなお料理なのか分からないこともよくあるのですが、実物を見せてもらえるのでリクエストに応えて作ってあげることができるのもうれしいです。

また、2歳児と4歳児の盛りつけになっているので、子どもたちがどのくらいの量を食べているのかを参考にして、お家でも食事の量を考えたりしています。


この掲示と一緒に、「食育ごはん生活術シート」を貼ってくださいました。
食育ごはん生活術シートを保育園で2


しかも、こんな説明書きまで。。。

今日の献立では、

あかグループ   卵、豚挽き肉、豆腐、牛乳
きいろグループ  ごはん、焼き麩、小麦粉
みどりグループ  人参、たけのこ、もやし、しいたけ、ほうれん草、グレープフルーツ、プルーン



親ばか ひろし さくら しゅんちゃん
よつば保育園(仮名)の先生方、どうもありがとうございます!


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.

>>> プリントして使う 「食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!」

「これが男のイワシの食べ方だ!」 食育ごはん生活術 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
しゅんちゃんは2歳からイワシの丸干しが大好きで、今では3匹ぐらいペロッとたいらげてしまいます。

そこで大変なのはさくらです。

しゅんちゃん
「骨とってよー! 早くー!
おなかペコペコで倒れちゃいそうだよー!」

さくら
「はい。 はい。 ちょっと待っててねー!
だけど、しゅんちゃんあっとパクパクあっという間に食べちゃうから、お母さんがご飯食べてる暇がないわ。 お母さんも、おなかペコペコ(xox)」

「しゅんちゃん! お父さんが、男のイワシの食べ方を教えてあげよう! 見ろ! これが、男の食べ方だ!」

ガブッ!
「男ならイワシの丸干しは、頭から丸かじりだ!」

しゅんちゃんは、お父さんののように「ガブリッ!」と男のイワシ食べ方をできるのか? 動画日記でご覧ください!

>>> 「これが男のイワシの食べ方だ!」 (動画)
(音声をオンにして最後の一言までお楽しみください。)

これが男のイワシの食べ方だ!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

しゅんちゃん
「イワシは、“ 赤グループ ” だよね!
お父さんより大きくなれる!?」


さくら
「そう! そう! イワシはお魚だから、“ 赤グループ ” だね。
イワシもりもり食べると、体が大きくなるね。」

「お父さんよりも大きくなってー!
恐竜よりも大きくなる? ティラノサウルスよりも大きくなる?」

ひろし
「ティラノサウルスよりは、どうかなー。」

しゅんちゃんは、ご飯のたびに、「これは “赤グループ”、これは “黄色グループ”、これは “緑グループ”。」 と、どんな栄養の食材を食べているのかとても興味があります。

もりもりバランスよく食べれば、
今日も元気に! 明日も元気に!

毎日、『食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!』 が大活躍!


ひろしとさくらとしゅんちゃんが贈るプリントして使う生活術シート
食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!』食育ごはん生活術シート ごはんでげんき!

ひなあられを作ってみよう! 食育ごはん生活術 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

もうすぐひなまつり。
お買い物に行くと、ひなあられが山積みになって売られていますよね。

しゅんちゃんも買ってほしいとおねだりしてきたのですが、節分のお豆のときと同じく、ひなまつりを待てずに「食べたい、食べたい!」と言い出すのは目に見えています。
>>> 『1分間パパ』で叱り上手生活術

「おひなさまの日までまだまだ先だから、今日は買わないよ。」

「じゃあ、今度お休みの日にお家で作るのは? お母さん、パソコンで作り方調べてよ。」

「しゅんちゃん、それはいい考えね。 お店に売ってるものは食べきれないくらいたくさん入ってるけど、お家で作ればちょうどいい量に調節できるし、しゅんちゃんと一緒に作るの楽しいもんね。」
かりんとうを作ってみよう!


【ひなあられの作り方】

1.お茶わん1杯分のごはんをクッキングシートに薄く広げて、ひと晩以上置いておきます。
ごはんでーす


2.100度に温めておいたオーブンで、10分焼きます。 いったん取り出して固まっているところを手でほぐしたら、さらに10分焼きます。
オーブンで焼きまーす


3.焼けたら手でほぐして、30分くらい置いておきます。
焼けたらほぐしまーす


4.160度に熱した油に入れるとプクッとふくらんでくるので、キッチンペーパーに引き上げて、かたまりになっているところを木べらでくずします。
木べらでくずしまーす


5.フライパンに砂糖50g、水 小さじ1を入れて火にかけ、砂糖が溶けてクツクツしてきたら、4を加えて手早くかき混ぜれば。。。
砂糖をからめまーす


できあがり~♪
ひなあられ できあがり~♪



*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.

「ねえねえ、家におひなさまあるの?」

「あるよ~! 家のおひなさまはね、お母さんが作ったうさぎさんのおひなさまなんだよ~。 オーブンで焼いてる間に、おひなさま飾ろうか?」

「うん!」
わが家のおひなさま


「お内裏さまとお雛さま、ぼくとお母さんでひなあられ作ったんだよー! はい、どうぞ!」
おひなさまどーぞ。



*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


じつは最初に作ったとき、ふたつ失敗をしちゃったんです。

ひとつめは、レシピ1でひと晩以上置いておいて乾燥させなくてはいけなかったのに、ちゃんと事前の準備をしておかなかったこと。

でもしゅんちゃんは、
「ぜったい今日作りたい!」

と言い張るので、「レンジでチンして乾かせばなんとかなるかな~?」とチャレンジ。

ところが、ちゃんと乾燥させておかないと、パラパラにならずにお米がくっついてしまうんです。
しかも、油で揚げてもプクッとふくらまず、歯ごたえのあるひなあられができあがります。

しゅんちゃん
「お母さん、このひなあられ食べるとアゴが丈夫になりそうだね!」


ふたつめは、砂糖の量を上のレシピの倍の量で作ってしまったので、ものすごーく甘くなってしまったこと。

しゅちゃんは、「甘くておいしいね!」って言ってくれたのですが、
ひろしなんて、「げ、げ、げ、これひなあられっていうより、砂糖のかたまりじゃない。。。」って。


で、その日のうちにお米を広げて乾かしておいて、二日後に再チャレンジしたら、
今度はちゃーんとひなあられになりました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


ところで、ひなあられって関東風と関西風があるってご存知でした?

ひなあられっていうと、揚げたお米に砂糖をまぶしたもののなかに、揚げあられみたいなものがちょこちょこっと入っているのが私のイメージだったんです。

でも、今回ネットでレシピを調べていたら、お餅を揚げておしょうゆで味付けしたレシピもあってビックリ!

なんでも、関東風は揚げたお米に砂糖をからめた甘い味、関西風は揚げたお餅におしょうゆをからめたあられなのだそうです。
おもしろいですね。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.

>>> 「かりんとうの作り方を調べて、お家で作ってみようよ!」 食育ごはん生活術
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。