スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるちゃん、メロンパン大好き! 

こんにちは!
と~~ってもお久しぶりになってしまいました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

新しい年を迎えたら気持ちもあらたに~~
な~んて思いながら、はや2月。
やっとやっとの本格始動!?

今年もどうぞよろしくお付き合いください!!


わ~い! メロンパン大好き!
メロンパン大好き!

はるちゃんはメロンパンのことをなぜか「チーズのパン」っていうの。
なんでなんだろ?

ここのとこずっと甘くないパンを焼いてたのですが、めずらしくメロンパン。
というのも、保育園で大流行のみずぼうそうにかかったはるちゃんとずーっと家にいなきゃいけなくて、時間をもてあまし気味だったんですよね。

たまごと牛乳も使ってるから ふんわりふわふわ~

いつもは砂糖ひかえめ、バターやたまごはほとんど使わないし、自家製酵母だからふんわりっていうよりはもっちり。
はるちゃんやしゅんちゃんには甘くてふんわりのこういうパンのほうがウケがいいのよね~。

パクッ!
パクッ!

はるちゃん、2個ペロッと完食。
しゅんちゃんも夕食のあとに2個食べちゃいました。
わたしもつられて、2個食べてしまった。。。

砂糖もバターもあんなにたくさん使ってたのになあ~
ちょっと後悔。。。

パクパク食べてもらえるとうれしいからまあいいかな。
スポンサーサイト

お母さんのパンは、フォションのパンより美味しい!? 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

しゅんちゃんのキャッチボールに「量が質を超える」ことを教わった私は、パンもたくさん焼けば焼くほどどんどん上手くなるはずと、1日に2種類焼いたり、同じパンを何日も連続で焼いたりしています。

最近の記録は、2日で5種類焼いたことかな。

しゅんちゃんの強力なリクエストで、初挑戦のクロワッサンとベーグル
クロワッサン ベーグル

たまごパンとドライフルーツ入りのパンといつものカンパーニュ
(お豆腐が入っていたカゴに入れて発酵させるようになって、形がちょっと本格的になったの♪)
たまごパンとドライフルーツ入りのパン カンパーニュ

ベーグルはクリームチーズとブルーベリージャムをはさんで食べるのが大好き!
ベーグルサンド


おっと、上に乗せたほうをはるちゃんにとられちゃった。
おっと

おいしい~
おいしい!


保育園から帰ってきたしゅんちゃんに、クロワッサンを味見してもらったら。。。

「う~ん。。。」
うーん。。。

「おいしいー! はじっこがカリカリっとしてて、
フォションのクロワッサンよりおいしいよ!」

おいしい!

ええ~、しゅんちゃん、ほんと??

フォションが入ってるデパートの食品街で、「帰りにケーキ買って帰ろうか?」って言うと、

しゅんちゃん
「ケーキよりフォションのクロワッサンがいい! 2コ買っていい?」

っていうくらい、しゅんちゃんはフォションのクロワッサンが大好きなんですよ。

そのフォションよりおいしいって、それはちょっと褒めすぎじゃない?
(といいつつ、思わず顔がほころぶ私。。。)

「ああ~、でも真ん中のほうはフォションのほうがサクサクッとしてるな~。
真ん中のサクサク感は、フォションの勝ちだね。」

はいはい、“サクサク感”なんて言葉、ふつうの5歳の男の子は使わないから。

でもしゅんちゃんに褒めてもらうと、お母さんすごーく嬉しくなっちゃうの。
サクサクのクロワッサンが焼けるようになるまで、また頑張ろうっと。
クロワッサン

しゅんちゃんに「お母さんのパンおいしいね」って言ってもらいたい! 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

しゅんちゃんは相変わらず、
「スーパーで買った食パンが食べたい!」と言い続けています。

いいもん、はるちゃんは私が作ったパン食べてくれるから。。。

とイジケつつ、やっぱりしゅんちゃんにも食べてもらいたい。
スーパーの食パンには食パンで対決!

ってことで、前からほしかった食パンの型買っちゃいました。
食パン型

さっそく焼いてみようと生地をこねたけど、ちょっと分量が少なかったのでミニ食パンに変更。
ミニ食パン

手のひらサイズのかわいいミニ食パンが3コ焼けました。
ミニ食パン

「しゅんちゃん、今日お母さん小さい食パン焼いたんだけど、食べてみる?」

「うん! でもちょっとでいいよ。」

はいはい、スーパーの食パンほどはおいしくないかもしれないしね。

薄くスライスして、かるーくトーストしてから、マーガリンとピーナツバターを塗って、おそるおそるしゅんちゃんへ。。。

「お味はどう?」

「!」
!

「おいしーい! お母さんの食パンもすごくおいしいよ! もっと食べるーー!!」

きゃ~~
しゅんちゃんにおいしいって言ってもらえると、お母さんすごく嬉しいよ~~

「はるちゃん、お母さんのパンおいしいねー!」
おいしいねー! 

はるちゃん
「あーん」

「はるちゃん、いま『うん』って言ったよね?
ああ~、しゅんちゃんとはるちゃんがおいしいおいしいってお母さんのパン食べてくれるなんて、幸せ~!」
おいしいねー!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」

今年いちばんの(?)カンパーニュが焼けました 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

四季折々の旬の素材を使って天然酵母を起こして、パンを焼くことの魅力にとりつかれた2007年夏。

8月、9月と毎日のようにパンを焼いていたのですが、10月に体調を崩してパンを焼く余裕がなくなってしまって、冷蔵庫に入れておいた自家製天然酵母をダメにしてしまいました。

体調が戻ってまたパン作りを始めようと思ったのですが、それからしばらくはなぜか酵母をうまく起こすことができなくなってしまいました。

イーストを使えばすぐにでもパンを焼くことはできたけれど、どうしても天然酵母にこだわりたくて、何回もチャレンジするのですが、失敗ばかり。

パンを作りたいのに作れないストレスから、近所のパン屋さんでパンを買って食べる日が続いたりもしました(ひろしには内緒だけど)。


最近になってやっと、パン種にできそうな酵母ができて、焼いているのはやっぱりカンパーニュ
カンパーニュ

水の量を増やすと、ベタベタしてこねるのが難しいけれど、気泡が多くしっとりした焼き上がりになると本で読んだので、がんばってこねています。
カンパーニュ

ドライフルーツやくるみを混ぜ込んで焼き上げたり、クリスマスには赤ワインでこねあげた、切り口もワイン色のカンパーニュを焼きました。

カンパーニュでサンドイッチにするときに、最近お気に入りなのがサワークリーム。
サワークリームの爽やかな酸味が、ライ麦入りのカンパーニュの香りとよくあうんです。

これは、ハムとサニーレタスとサワークリームのサンドイッチ。
カンパーニュでサンドイッチ

来年はパンの記事もどんどんアップしたいなあと思っています。

いよいよ2007年もあと4日。。。

自家製の天然酵母で、毎日パンを焼いてます 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

「自家製の天然酵母で、憧れのカンパーニュを焼きました」の続きです。

自家製の天然酵母で初めて焼いたカンパーニュは、発酵の段階でほとんどふくらまずに失敗してしまいました。

うまく焼けるようになるまで毎日焼こう!と宣言したとおり、次の日から毎日カンパーニュ。

2日目は、こんな感じ。
2日目のカンパーニュ

やっぱり上のところが焦げちゃった。

3日目、
3日目のカンパーニュ

だいぶ良くなったけど、まだ焦げてる。

「お母さん、これ、“バツ”パン?」
これ、ばつパン?

失敗ってことじゃなくて、切れ目が“バツ”になってるってことね。

「こうすると、病院パンだよ。」
病院パンだよ


そして、4日目。
4日目のカンパーニュ 

わ~い! やっとイメージどおりに焼きあがりました!!


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


次の日、カンパーニュを持ってピクニックへ。
カンパーニュを持ってピクニックへ

スライスして、
スライスして

好きなものをはさんで、
好きなものをはさんで

しゅんちゃん
「ぼくは、ソーセージ!」

これは生ハムとパルミジャーノとレタスのサンドイッチ。
美味しそうでしょう~♪
生ハムのサンドイッチ

「おいしそう~! 食べたいな~」
美味しそうだな~


このときから、ほとんど毎日パンを焼いてます。

やりたいこと、みーつけた。
>>> 「やりたいこと」をやる

自家製の天然酵母で、憧れのカンパーニュを焼きました 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

「自家製酵母の作り方」の続きです。

ビンの口いっぱいまでふくらんだ自家製酵母を使って、粉と塩と酵母と水だけの、シンプルでどっしりしたカンパーニュを焼いてみたい!

さっそくチャレンジです。


材料を混ぜあわせて、15分こねたところ。
1次発酵中

ここから1次発酵が始まります。

自家製酵母のパンは発酵がゆっくりで、夏でも6~8時間くらいかけて少しずつふくらんでいくのだそうです。

とはいっても、午前中にこねた生地が夜になっても。。。

あれ?ふくらんでない!

さくら
「ぜんぜんふくらまないねぇ。。。 お母さん、失敗しちゃったかなあ?」

しゅんちゃん
「このパンの本の人は、パン名人?」

「そうだよ。」

「でも、お母さんも本当は“パン焼き名人”なのにねえ~」

「あははは、お母さんは“パン焼き名人”じゃなくて、“トースト名人”なんだよね。」


私、トーストが大好きなんです。

食パンをオーブントースターでこんがり焼いて、マーガリンとピーナツバターを塗ったら、何枚でも食べられちゃう。

大好きだから、トーストの焼き加減が絶妙にうまくて、しゅんちゃんにトーストを焼いてあげるとき、

「お母さんはパン焼き名人よ!」

なんて言ってたんですけど、あれって間違ってました。。。

トーストはうまいけど、パンはふくらまないもの。


一晩おいておけば少しはふくらむかと思ったけど、翌朝もやっぱり小さいまま。

これ以上待っていてもしょうがないので、このまま焼いてみることにしました。

途中、オーブンをのぞいてみると、

「あっ! クープ入れるの忘れてた!!」

カンパーニュといえば十文字に切れ目が入ってるはずなのに、すっかり忘れてそのまま焼いてしまいました。

ま、いっか。

それに、思った以上にふくらんできてる!


30分後。。。

できあがり~♪
できあがり♪

「お母さん、パンこげてるよ」

「そうねえ。 もう少し平らな形にしないとダメみたいね。」

「でも、いいにおいする!」
パン、いいにおいするよ。

「じゃあ、切ってみようか?」

「ぼくが切りたい! うわっ! かたーい!! ぜんぜん切れないよー!」
かたくて切れないよー

「どれどれ、お母さんが切ってみるね。 あらら。。。」
パンを切ったところ

ヘンなふうに、穴があいちゃった。

ハムとチーズとキュウリとトマトをはさんで、サンドイッチにしてみました。
サンドイッチに。

ひろし
「うん、けっこうおいしいよ。 パリのカンパーニュよりかたくないし。」

へえ~

パリのカンパーニュってそんなにかたいのねえ。

さくら
「よ~し! うまく焼けるようになるまで、しばらく毎日カンパーニュを焼いてみようっと!」

ひろししゅんちゃん
「ええっ! 毎日??」


「そうよ。 楽しみにしててね。」

「う、うん。。。」

自家製天然酵母の作り方 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

「自家製酵母でパンを焼きたい!発酵エキスの作り方」の続きです。

レーズンがビンの中で浮き上がった状態になってから24時間後、発酵エキスはかなりいい色になってきました。

クーラーボックスを開けただけで、アルコールの香りがしてきます。

う~ん、幸せ~


この発酵エキスと粉をあわせて、酵母を作ります。

粉は、フランスパン粉、強力粉、全粒粉、国産小麦粉など、本によっていろいろな粉を使っているのですが、今回私は、フランスパン粉を使いました。

【酵母の作り方】
1日目

1.発酵エキス100g、粉100g、塩ひとつまみを、熱湯をかけて消毒した密閉容器に入れて、清潔なスプーンで混ぜ合わせます。 あまりかき混ぜすぎず、粉っぽさが残るくらいでOK。
発酵エキスと粉を混ぜる

2.クーラーボックスや発泡スチロールの箱などに入れて、25℃以下をキープします。
温度管理
  ※25℃以上が続くと、すっぱいパンになってしまいます。
  ※夏の暑い時期には保冷剤、冬の寒い時期にはお湯を入れ
   たコップを一緒に入れておきます。
  ※保冷剤やコップのお湯は、温度を見ながらときどき交換
   します。
  ※私ははるちゃんの沐浴用の温度計も一緒に入れて、温度
   管理をしています。

3.1日1回以上、清潔なスプーンでかき混ぜます。
  ※2~3回くらい混ぜるとベター。


2日目
ビンの8分目くらいまでふくらんでいます。
酵母作り2日目

水または発酵エキス100g、粉100g、塩ひとつまみを加えて、1日1~2回よく混ぜて24時間おきます。
  ※発酵エキスを使うと、より香りのいい酵母になります。


3日目
「うわ~! ふくらんでる~!!」
「うわー!ふくらんでるー!」

2日目と同じ作業をくり返します。
あふれそうなくらいふくらんできたので、冷蔵庫の野菜室に移動しました。

「ちょっとお酒のにおいがするなあ。」
「お酒のにおいがするなあ。」


4日目
酵母がビンの口いっぱいまでふくらみました!
酵母のできあがり
できあがり~♪



「うわ~、なにこれ~! ビンの中でパンみたいになってるよ~!」
「なに、これ?パンみたい!」

「そうでしょう~! ちょっと味見してみよう!」

「え~! これ、食べられるの?」

「この酵母を入れてパンを焼くんだけど、ちゃんと発酵してるかどうか、味見してたしかめるだけ。 どれどれ、(ペロッ)うんうん、だいじょうぶそうね。」

「早くワッフル作ってよー!」

「うちにワッフルメーカーないもん、ワッフルは作れないよ。 それよりね、お母さんはこの酵母を使って、カンパーニュを焼きたいんだ~」

「カンパーニュ? なにそれ? シャンパーニュのこと?」

「シャンパーニュはお父さんが大好きなお酒でしょ。 カンパーニュはね、まーるくて、このくらい大きいパンなの。 ほら、この本の表紙に載ってるこのパンがカンパーニュだよ。」
『ルヴァンの天然酵母パン』
『ルヴァンの天然酵母パン』

「お母さん、こんなの作れるの~??」

「さあ、どうかしらね~~。 じゃあ、さっそくチャレンジしてみるね!」


>>> さてさて、自家製酵母で作るカンパーニュは、うまくできるのでしょうか? 続きはこちら。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

>>> 発酵エキスの作り方はこちら
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。