スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジャーリーグを見ながら、大好きな野球のイメージトレーニング 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

「テレビ見たいー!」 家族の約束を決めようで、毎週日曜日の朝ゲキレンジャーと電王を見ることになったしゅんちゃん。

でもあんなに見たかったテレビだったのに、実際に見てみるとしゅんちゃんはとってもご不満なようです。

しゅんちゃん
「ねえー! ゲキレンジャーは?」

「もうすぐ出てくるんじゃないの?」


しばらくして。。。

「ねえー! ゲキレンジャーは?」

「このお兄さんとお姉さんたちが、あとで変身してゲキレンジャーになるんでしょう。」


またまたしばらくして。。。

「ねえーー! ゲキレンジャーいつ出てくるのーー!!」


そうなんです。
レンジャーシリーズって、最初はお兄さんやお姉さんたちが出てきて、ストーリーが展開していくと変身してレンジャーになるんですよね。

ゲキレンジャーは30分番組の真ん中くらいに登場するからまだいいのですが、電王なんて最後の5分くらいしか出てこないから、しゅんちゃんにとっては、

「いつ出てくるのー!!」

って感じみたいです。

見終わった後にも「おもしろかったね」って言うわけでもないし、しゅんちゃん本当に楽しんで見てるのかしら??


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


そこでひろしがこんな提案をしました。

ひろし
「ねえしゅんちゃん、お父さんいい考えあるんだけど、しゅんちゃん野球好き?」

「うん、好き。」

「じゃあさ、お父さん今からテレビで野球やるかどうか調べてみるから、ゲキレンジャーだけ見て電王は見ないことにして、その代わり野球見るのはどう?」

「テレビで野球やってるの?」

「調べてみないと分からないんだけど、たぶんやると思うんだー。 しゅんちゃんは電王と野球どっち見たい?」

「ぼく野球見たい! お父さん早く調べてよ!」


しゅんちゃんは最近とっても野球にはまっていて、図書館で借りてきた野球の本を毎日見ながら、自分なりにボールの投げ方やバットのスイングの仕方などを研究しているのです。
本を見ながら野球の研究

だから、テレビで投げ方や打ち方などのいいお手本を見せてあげたいというのがひろしの考えです。

「おおっ! 8:10からヤンキースの試合が始まるって!」

「ヤンキースって高校野球? 大学野球? 中学野球?」

「ヤンキースはアメリカの大人の野球。 メジャーリーグだよ。」

「見る見るー! お父さん、早くボールとバット持って来て! キャッチもね。」

ひろしの思ったとおり、じっとテレビを見ながらイメージトレーニングに励むしゅんちゃん。
メジャーリーグを見ながらイメージトレーニング


ついでにものまねも研究してるみたいです。

「松井こんな顔してるよー!」
松井こんな顔してるよ!

国歌斉唱しているときの松井秀樹選手の顔なんですって。
スポンサーサイト

「はるちゃん、お兄ちゃんのこと一番大好き?」 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
最近しゅんちゃんは、はるちゃんに毎日こんなことを聞いています。

しゅんちゃん
「はるちゃーん、お兄ちゃんのこと、一番大好き?」

はるちゃん
「ああ~ん。」

はるちゃん、一番大好きなのはボク? (動画)
(音声をオンにして最後の一言までお楽しみください。)
はるちゃん、一番大好きなのはボク?


しゅんちゃん
「お母さーん、はるちゃんぼくのこと好きなんだって!」

「ほんとだ~! はるちゃんはお兄ちゃんのことが大好きなんだね~。 お母さんのことも好きか聞いてみて。」

「はるちゃん、お母さんのこと、好き?」

「ふあ~ん。」

「お母さんのことも好きだって!」

ひろし
「しゅんちゃん、お父さんのことも好きかどうか聞いてみて。」

しゅんちゃん
「はるちゃん、お父さんのことキライ?」

「ああ~ん。」

「しゅんちゃん、その聞き方まちがってるんじゃない?」

「はるちゃん、お父さんのこと好き?」

「。。。。。。」

「はるちゃん、お父さんのことキライだって!」

「ガーン、お父さんショック。。。」


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」

「ぼくも哺乳ビンでミルク飲んでみたいー!」 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

はるちゃんは毎日ゴックンゴックンおっぱいを飲んでいます。

おフロに入った後や日光浴をした後には、
しゅんちゃん
「ぼくが白湯飲ませるー! あーそれより、はるちゃんお茶のほうがいいんじゃないー?」

としゅんちゃんがはりきってスプーンで飲ませてくれます。
>>> 「はるちゃん初めての日光浴とスプーン」

スプーンでも上手に飲めるのですが、量がちょこっとしか飲めないし、これからはるちゃんも大きくなってくるので、哺乳ビンでゴクゴク飲んでくれるといいなあと思い始めました。

じつは、わが家には哺乳ビンが1本もありません。
しゅんちゃんが生まれたとき病院でいただいたものがあったのですが、しゅんちゃんはすぐに哺乳ビンを嫌がって口をつけなくなってしまったので、捨ててしまっていました。

はるちゃんもとりあえずは使わないかなと思って買っていなかったのですが、これから哺乳ビンがあればしゅんちゃんやひろしにお茶や果汁を飲ませてもらうこともできるし、お出かけのときにもいいですよね。

で、どれにしようかとちょっと調べてみたのですが、いろんな種類があって迷っちゃうんですよね~

「ママの母乳に近いから、母乳の赤ちゃんも使いやすいよ~」ってお友だちがすすめてくれたのが、
ピジョン哺乳びん 母乳実感
ピジョン哺乳びん 母乳実感 耐熱ガラス製 160ml ピンク

母乳に近いという哺乳ビンは、ほかにもいくつかあるんですね。
桶谷式 直接授乳訓練用 母乳相談室
桶谷式 直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん ガラス160ml

チュチュ哺乳びん 母乳育児乳首付
チュチュ哺乳びん 母乳育児乳首付 150ml


ほかにも
赤ちゃんの気持ち アップリカのほ乳びん
赤ちゃんの気持ち アップリカのほ乳びん 240ml

ドクターブラウンボトル
ドクターブラウンボトル 120ml

ビーンスターク哺乳びん
ビーンスターク哺乳びん 150ml用 グリーン(ガラス)

ピジョン 哺乳瓶(ガラス)
ピジョン 哺乳瓶(ガラス) KG-120DX 120ml

などなど、本当にたくさんあります。


プラスチック製は軽くて持ち運びに便利で、耐熱ガラス製は重いけどキズがつきにくくて丈夫なんですね。

サイズもいろいろあるけれど、お茶や果汁用ならそんなに大きくないものでいいのかしら?


みなさんはどんな哺乳ビンを使っていらっしゃいますか?
使ってみてよかったものがあったら、ぜひ教えてください!


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

しゅんちゃん
「ぼくも哺乳ビンでミルク飲んでみたいー!」

さくら
「しゅんちゃんったら、赤ちゃんのときは、ぜったいにおっぱいじゃなきゃダメだったのにね~。」

眠れないのはコーヒーのせい? 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

先日、なぜかはるちゃんが一日中泣き続けていた日がありました。

おっぱいを飲むと眠ってしまうのですが、ベッドに降ろすとすぐに泣いて起きます。
おむつがぬれてるかな?と取り替えて、抱っこで寝たかったかな?と抱き上げても、ずーっと泣き続けるのです。

それじゃあおっぱい飲み足りなかったかな?と思ってもう一度飲ませようと顔に近づけると、
「イヤー! おっぱいじゃないのー!」
って感じで私をキックして、のけぞりながらさらに激しく泣き続けます。

たて抱きにしてみたり、背中をトントンしながら部屋の中を歩き回ったり、歌を歌ってみたり。
もしかして肌着に何かついててチクチクするのかな?と、ぜんぶ着替えさせてみたり。

「お母さんここにいるからね~。 だいじょうぶだよ~。 お母さんはるちゃんのこと大好きだからね~。」
なんて言ってみても、はるちゃんにはぜんぜん届かず。

とにかく思いつくことは何でもしたのですが、ぜんぜん泣き止まないのです。


大きな声でしゃくりあげながら、15分以上は泣き続けていたでしょうか?
疲れきってしまったのか、やっとおっぱいに吸いつき、少し飲むとそのまま眠ってしまいました。

私も疲れて、はるちゃんをベッドに降ろして一息つこうと思ったそのとき、はるちゃんは目を覚まして大泣き。

またまた15分以上泣き続けます。

午前中こんなことを3回くり返し、「きっと今日は抱っこで眠りたいのね」と思い、午後はずーっと抱っこしたままで過ごしていました。
抱っこしていれば満足そうにスースー寝息をたてているのです。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


夜ひろしが帰ってくるころには私もすっかり疲れてしまいました。

「昨日の夜よく眠ってたから、その反動じゃない?」と、ひろし。

「でも、よく眠ってたのは昨日じゃなくてその前の日だよ。」

「じゃあ、おっぱいの味が変わったとか?」

「うーん。。。私なんか変わったもの食べたっけ。。。?」

とあれこれ思い返してみると。。。


「そういえば、昨日と今日、はるちゃんが生まれてから初めてコーヒー飲んだんだけどそのせいかしら?」

「きっとそうだよ! おっぱいにコーヒーが入ってて、はるちゃん興奮しちゃったんだよ!」

「そうかなあ。。。そんなことってあるのかなあ。。。」

本当に私が飲んだコーヒーのせいではるちゃんが興奮してしまったのかどうかは分かりませんでしたけれど、ほかに思い当たることもないので次の日からはコーヒーを飲むのはやめてみました。

そうしたら、あんなに激しく泣き続けることはなくなりました。
ってことは、やっぱりあの日は私が飲んだコーヒーのせいだったってことですよね。。。

さらにひろしからトドメの一言。

「コーヒー飲みながら食べたケーキのせいで、おっぱいがドロドロになってたんじゃない? ケーキもやめたほうがいいかもね。」

ガ~ン。。。

コーヒーもケーキもはるちゃんが生まれてからしばらくは(って、たったの1ヵ月だけど)がまんしてたんだけど、やっぱりダメかな???

お酒も妊娠が発覚してから飲んでないんだよね~
その上、ケーキとコーヒーまでダメっていうのは痛いなあ~

はるちゃん、お酒はもちろん飲まないんだけどね、
ケーキとコーヒーは、たま~にならいい? やっぱりダメ?


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


このごろはるちゃんはベビーラックでお昼寝するのがお気に入りです。
ラックだとすやすやとぐっすり眠ってくれるんです。
はるちゃん、ラックですやすや

とちゅう、ふにゃふにゃ言いながらうす目を開けることがあっても、ゆらゆらとラックを揺らしてあげるとまた目をつぶってそのまま眠ってしまいます。

このまえなんて、夕方6時にラックに乗せたら夜11時過ぎてもぜんぜん目が覚めないから、寝ているところを抱き上げておむつを替えておっぱいを飲ませて、お布団に寝かせたくらい。

平らなベッドより、体を包み込むような形になっているラックのほうが安心して眠れるのかしら?

「はるちゃん笑ってるよー!」 あやすのが上手なしゅんちゃん 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

「ねえしゅんちゃーん、はるちゃんお兄ちゃんと遊びたいんだって。 泣いてるからちょっと見てあげてー!」

家事の途中で手が離せないとき、しゅんちゃんお兄ちゃんにお願いするとはりきってはるちゃんをあやしてくれます。

「はるちゃーん、お兄ちゃんが来たよー! ほら、いい音でしょうー!」

おもちゃのピアノやラッパやガラガラをつぎつぎに持っていって、いっしょうけんめい泣き止ませようとがんばるしゅんちゃん。

しゅんちゃん
「お母さーん! ぼくが遊んであげたらはるちゃん泣き止んだよー!」

「しゅんちゃんすごいねー! はるちゃんはお兄ちゃんのことが大好きなんだねー!」

「お母さーん、ちょっと来てー! 早く早くー!」

「なになに、どうしたの??」

「はるちゃん、笑ってるよー!」
はるちゃん笑ったよ!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」

はるちゃん初めてのベビーカーで1ヵ月検診へ 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

先週はインフルエンザのひろしのことをご心配いただきありがとうございました。
ひろしも記事にしていましたが、腹痛と下痢がひどかったみたいで、熱が下がってからもしばらくはトイレとお友だち状態になっていました。
>>> タミフルの副作用が強く服用中止しました。

それも昨日でどうやら治まり、夜には食欲も戻ってきて、それまで食べられなかった数日分をとり戻すかのようにもりもりおかわりしまくっていました。

今のところしゅんちゃんとはるちゃんにはうつっていないみたいで、二人ともとっても元気です。
しゅんちゃんは今日は久しぶりの保育園。
今ごろお友だちと遊んで、たまっていたパワーを発散しているかしら?


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


ひろしがインフルエンザを発症して病院を受診していたころ、しゅんちゃんと一緒にはるちゃんの1ヵ月検診に行ってきました。

はるちゃんは病院を退院して家に帰ってきてから、初めてのお出かけ。
もちろんベビーカーに乗るのも初めてです。

玄関でベビーカーにはるちゃんを乗せると、

しゅんちゃん
「ぼくがベビーカー押すのー!」

と大はりきりのしゅんちゃん。
ぼくがベビーカー押すのー!


病院の予約時間に遅れそうだからちょっと急ぎつつも、曲がり角もスムーズに、下り坂はゆっくり気をつけて、とても上手に押してくれています。

「はるちゃん、いいお天気であったかくて気持ちいいね~。」
はるちゃん、初めてのベビーカー


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


生まれたときは2556グラムとちょっと小さめだったはるちゃんですが、1ヵ月で3780グラムになりました。

ビックリしたのは、胸囲が5.6センチも大きくなっていたこと。
細くって弱々しい感じのしていた体も、まるまると大きくなって、泣き声も大きくなってきたもんね。

赤ちゃんの成長の早さにあらためて驚かされています。

タミフルの副作用が強く服用中止しました。 

ひろし
みなさん、こんんちは。 ひろしです。
インフルエンザの闘病生活も今日で4日目、昨日(3日目)の午後から体温も37度を下回り安定してきました。
>>> 『インフルエンザでタミフル飲んでます。』のつづきです。

しかしながら、熱が下がるにつれ逆につらさが増してきたのが、“腹痛”と“下痢”です。 特に腹痛はひどく、食欲が出てきません。 バランスの良い食事を積極的にとり始めて、体力を回復させたいところです。 ところが、全然食べられないのです。
これは明らかに、タミフル服用による副作用の症状です。
「厚生労働省 タミフルの副作用」
タミフル75

この副作用の内容に関しては、タミフルを処方した医師からも、また薬局で薬剤師からも説明を受けていました。 同時に感染を予防するため、熱が下がった後も5日間のタミフル服用を指導されていましたが、今回は、「熱が下がったから」という理由ではなく、「タミフル服用による“腹痛”と“下痢”の副作用が強かったので」、副作用の注意指導に従い、タミフルの服用を中止することにしました。

現在、インフルエンザ発症4日目、熱は下がったままで食欲はやや改善。 朝食を美味しく食べることができました。
副作用の“腹痛”は緩和、“下痢”は症状変わらず。 今後、体温とともに経過観察をしていきます。

これまでのインフルエンザ発症と治療の経緯をまとめます。

4/10(火)22:30 突然の寒気と体のコリを感じる。

インフルエンザ発症1日目
4/11(水)01:30 発熱。 立ち上がれない。 声も出ない。
       11:00 インフルエンザ検査。しかし陰性。
             症状から医師がインフルエンザと診断。

医師のインフルエンザと診断した内容
※ インフルエンザは発症から12時間以内だと、インフルエンザ検査の陽性反応がでない。 インフルエンザ検査も、インフルエンザの2割の患者には陽性反応がでない。
※ 風邪症状の、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、たん、喉の炎症などがいっさい表れていない。
※ 体の節々の痛みというインフルエンザ発症の特徴的症状があわせて出ている。
※ 発熱の経緯が、インフルエンザの特徴と同じである。

---インフルエンザではなかった場合に備えて---
※ インフルエンザという診断が間違っていた場合、タミフルを服用しても、発熱の症状は改善しない。
※ タミフルを服用し続けても、体温が38.5度以上が続くようならば、タミフルの服用を中止し、解熱鎮痛剤カロナール錠200の服用に切り替える。


       13:00 昼食後、タミフルを服用。
       14:00 そのまま苦しみながら寝続ける。
       24:00 軽い腹痛を感じはじめる。

インフルエンザ発症2日目
4/12(木)寝たきり。 熱は37.5~38.0度で推移。
       “腹痛”と“下痢”がひどくなり始める。
       体の節々の痛さもつらさが増す。

インフルエンザ発症3日目
4/13(金)15:00 熱が37度未満で推移を始める。
            “腹痛”と“下痢”がさらにひどくなる。
            食事が食べられない。
       19:00 軽い夕食を食べるが、タミフルの服用中止。
            (この日の様子 : ブログ記事参照)

インフルエンザ発症4日目(本日)
4/14(土) 07:30 体温36.5度。
             やや食欲改善。 朝食を美味しくいただく。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

インフルエンザのタミフル服用とその副作用、死亡報告との因果関係など、知識が不充分な私には軽々しく論じられる問題ではありません。

今回の私の記事をお読みになっていただいた方には、タミフルという個別薬の副作用よりも、病気の診断と薬の服用には、“医師との納得のいく情報交換(コミニケーション)”と、“医師及び薬剤師からの適切な指導による薬の服用”の大切さを感じていただきたいと思い書かせていただきました。

個人的な見解ですが、医療は、“唯一の治療方法”を受けるのではなく、複数の選択肢の中から、個人の症状にあった治療法・、治療薬を、医師と患者のコミニケーションにより、“医療を選択する”時代になってきているのではないかと感じています。

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
しゅんちゃん
「ねー! お父さんの鳥インフルエンザ、いつになったら治るの!?」
さくら
「しゅんちゃん。 お父さん、鳥インフルエンザじゃなくて、普通のインフルエンザだから。。。(汗)」

インフルエンザでタミフル飲んでます。 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
インフルエンザの病床にいます。

タミフルを飲んでいますが、熱はまだ下がりきりません。 体の節々がとても痛く、時おり軽い頭痛もあります。 けっこう体がしんどいです。
あわせて、お腹の調子が悪く、下痢をしています。 何度が吐き気を感じたこともありました。 舌も少しですが荒れています。 これはどれもタミフルの副作用のようです。 注意しなければならいない精神神経系の副作用を感じたことはありませんが、これは本人では気がつかないのでしょうから、さくらよく見ていてもらうしかありません。

私は隔離部屋にひとり寝ていますが、壁越しに聞こえてくるさくらとしゅんちゃんの楽しそうな笑い声が何よりの救いになっています。
はるちゃんもご機嫌にしていますが、たまに泣いて、お母さんを呼ぶときの声が、
「おかぁっ!しゃんっ!」
って聞こえます。 インフルエンザの熱にうなされながらも親ばか炸裂しているのか、これもタミフルの副作用か。。。(笑)
今朝、久しぶりに、はるちゃんの顔をみたら、ずいぶんと成長していておどろかされました。

そして、しゅんちゃんも、そんな泣くはるちゃんをひとりであやして泣き止ませたりしています。 しゅんちゃん、はるちゃんが泣き出すとすぐに白旗をあげるお父さんよりすごいんじゃない?
しゅんちゃん、はるちゃんにトントン

みなさんから、ご心配いただきありがとうごじあます。 みなさんも、インフルエンザはまだまだ猛威をふるっていますので、ご注意ください。
『インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所)』

インフルエンザの予防接種は昨年10月の第2週に受けていました。 予防接種の効果もとっくに切れちゃいますよね。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
ひろし
つつき 2007年4月14日エントリ
ひろし 「タミフルの副作用が強く服用中止しました。」

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」

ひろし、まさかのインフルエンザ!? 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

なんとひろしが。。。

インフルエンザ!

しかもわが家には生後1ヶ月足らずのはるちゃんがいるというのに!


昨日の夜11時ごろ、

「なんだかすごく肩がこってるみたいなんだよなあ~。 頭も痛いし。 風邪薬飲んで、今晩は早く寝るよ。」

と言って布団に入ったひろしは、そのあと急激に襲ってきた寒気と、体のふしぶしの痛みと、だんだん上がっていく熱で、一晩中眠れなかったのだそうです。

(はるちゃんと寝ていた私は、ぜんぜん気づかなかったのですが。。。)


朝起きて熱を測ってみたら37.5度。

「夜中よりは熱も下がったけど、急な高熱と、この体の痛みはインフルエンザかもしれない。 病院行ってくる。」

と出かけていきました。


検査の結果は。。。

陰性

でも発症してから半日しかたっていないので、ちゃんと検査結果が出ていないかもしれないから、インフルエンザのつもりでお家でも対処してくださいって言われたんですって。

ええーーーー!


昨日ひろしは、しゅんちゃんにもはるちゃんにもちゅーしまくってたよねー??

しゅんちゃんとはるちゃんにうつっちゃってたらどうするのよーーーー!!

私にも???


とりあえず今日ははるちゃんの1ヵ月検診の予約をしていたので、しゅんちゃんとはるちゃんと3人で家を出ました。
(1ヵ月検診のお話しはまたのちほど。)

家に帰ってからどうしよう。。。

ひろしはぜったい隔離部屋行きよね。。。

しゅんちゃんと私もマスクしたほうがいいわよね。

でも、しゅんちゃんマスク嫌いなのよね。。。困ったな~


検診の後、薬局へ行きました。
「ねえねえしゅんちゃん、ちょっと見て見て! この“しんかんせん”のマスク、かっこよくない?」

「うわー、しんかんせんだー。 これほしいー!」

「ほんと? じゃあさ、このマスク買ってあげるから、お家に帰って手洗いうがいしたらすぐにしようね。」

「なんで?」

「お父さんインフルエンザかもしれないんだって。 だからしゅんちゃんにうつっちゃったら大変だからね~。 ごはん食べるときははずしてもいいけど、それ以外はお家にいるあいだはずっとマスクしてようね。」

「マスクしたら、お父さんのお部屋に入ってもいい?」

「うん。 そのかわりちょっとだけよ。」


前に子供サイズのシンプルな白いマスクを買ったときは嫌がってぜんぜんしてくれなかったので、今回はしゅんちゃんが気に入る柄のものが買えてよかった。

家に帰ると、さっそく手洗いうがいをして、マスクをしたしゅんちゃん。

「お父さーん、だいじょうぶー? ぼくちゃんとマスクしてるんだよ。 おみやげにドーナツ買ってきたよー!」
ぼくちゃんとマスクしてるんだよ!


「しゅんちゃんありがとう。。。 でもこのお部屋はバイキンがいっぱいだから、お母さんのほうに行っててね。」
ひろし、インフルエンザ!?


ひろしは私たちが出かけている間に、隔離部屋にするお部屋に置いてあったタンスを移動して、空気清浄機を掃除して、ウィルス用フィルターも交換してくれていました。

体が辛いのにおつかれさま。

早くよくなってね。


で、ぜったいぜったい、しゅんちゃんとはるちゃんにうつらないでねーー。

おねがいっ!!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
ひろし
つつき 2007年4月13日エントリ
ひろし 「インフルエンザでタミフル飲んでます。」

「いいしゅんちゃん」と「悪いしゅんちゃん」の戦い 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

「テレビ見たいー!」家族の約束を決めようの続きです。

しゅんちゃん
「テレビ見たいよー!」

しゅんちゃんは朝起きるなりこう言って、大泣きしはじめました。

「しゅんちゃん今日は火曜日だよ。 昨日の夜お父さんとお母さんとしゅんちゃんと三人でお約束したけど、日曜日の朝のゲキレンジャーと電王だけ見るんだよね?」

「でも今日だってテレビ見たいよー!」

「だけど、しゅんちゃんだって日曜日のゲキレンジャーと電王だけ見れればいいって言ったじゃない?」

「だってテレビ見たいんだもんー! 今日だって見ていいじゃんー! エーン、エーン」


ふぅ。。。
「家族の約束」ぜんぜん成功じゃないじゃない。
困っちゃったなあ~。。。


「今しゅんちゃんの体の中で、“いいしゅんちゃん”と“悪いしゅんちゃん”が戦ってるね。」

「えっ? なに?」

「しゅんちゃんの体の中にね、『今日はテレビは見ない日だよ!』ってちゃんと分かってる“いいしゅんちゃん”と、『今日もテレビ見たいんだよー!』って言ってる“悪いしゅんちゃん”がいてね、えい!えい!って戦ってるんだよ。」

「。。。」

「『テレビ見ちゃおうかなー!』 『ダメだよ! ダメだよ!』ってね、えい、えい!って戦ってね、さあ、どっちが勝つかなー?」

「わかんない。。。」

「あのね、お母さんの体の中にも、“いいお母さん”と“悪いお母さん”がいるんだよ。」

「ほんと?」

「うん、『今日はお仕事行くのやだなー。 お休みしちゃおうかなー。』っていう悪いお母さんと、『ちゃんと行かなきゃダメだよ!』っていういいお母さんがいてね、『行きたくないよー! お休みしたいよー!』 『ダメだよ! ダメだよ!』って、えい、えい!って戦うの。」

「えい、えい!って戦ってるの?」

「そうだよ。 えい、えい!って戦ってね、“いいお母さん”が勝つんだ~。 さあ、そろそろ起きようか?」


しゅんちゃんはベッドから起き上がると、真っ先にテレビに向かって歩いていきました。

しゅんちゃん
「ぼく、テレビは見ないよー!」

「やったー! “いいしゅんちゃん”が勝ったね!」

「うん!」

ニコニコと満足そうなしゅんちゃんの表情から、「いいしゅんちゃんが悪いしゅんちゃんに勝った」状態を、しゅんちゃん自身が気持ちいいと感じているのがよく分かりました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.

自分自身を好きな子どもは、すすんで正しい行いをする。


これは私の座右の書『1分間ママ』に出てくる言葉です。

「テレビ見たいー!」と大泣きしながらも、きっとしゅんちゃんは心のどこかに前の日の「家族の約束」を意識していたはずです。

誰でも、何がいいことで何が悪いことなのかを分かっていながらも、心の中で葛藤してしまうもの。

でもそのとき、“いい自分”が勝てるかどうかは、

「自分自身を好きかどうか。」

で決まるのだと思います。

自分のことを好きだと思えて、自分の行いを気持ちいいと感じることができれば、自らすすんで正しい行いをする。

そのことが、しゅんちゃんを見ていてよく分かった瞬間でした。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.

>>> 『1分間ママ』でほめ上手生活術

「テレビ見たいー!」 家族の約束を決めよう 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

今から4年前、しゅんちゃんが1歳5ヶ月のときの保育参観の日、「ノーテレビ運動」についてのビデオを見せていただきました。

できれば2歳まではテレビをつけずに、親子のコミュニケーションをたっぷりとりましょう。
まったく見ないということがムリなら、週に1日だけでいいから「ノーテレビデー」にしましょう。

という内容でした。

そのころしゅんちゃんはトーマスのビデオがお気に入りで、30分のビデオを1日に何回もくり返して見たりしていたので、急にまったく見ないようにするなんて絶対ムリだと思えました。
でも、ものは試し、しゅんちゃんが起きている間はテレビは見ないようにしてみようか、とひろしと話し合って、その日からテレビのスイッチを入れるのをやめてみたのです。


あんなにトーマスのビデオが大好きだったのだから、しゅんちゃんきっと見たいって言うんだろうな。。。

という私たちの心配をよそに、しゅんちゃんはぜんぜん見たいと言い出しませんでした。
今までならテレビやビデオを見て過ごしていた時間に、しゅんちゃんと一緒に絵本を読んだり、お絵描きをしたり、積み木をしたりするようになりました。


ビデオを見るときはしゅんちゃんをお膝に抱っこしながら、「ほら、トーマスだね~」なんて話しかけながら一緒に見ていたので、会話やスキンシップがまったくなかったわけではありません。

でも、私はしゅんちゃんのうしろからちょこちょこっと話しかけるだけで、基本的にはビデオがしゃべっているだけです。
しゅんちゃんはときどき笑ったりしながら、じっとみているだけ。
私としゅんちゃんの会話にはなっていなかったのです。

ところが、絵本を読んだり、お絵描きをしたり、積み木をしたりするときは、しゅんちゃんと私で言葉のキャッチボールがあります。
そのころしゅんちゃんはまだそんなに上手におしゃべりできたわけではありませんでしたが、きちんとした単語ではなくても、私の話していることを理解して、しゅんちゃんも私に言葉を返してくれるのです。

しゅんちゃんがテレビやビデオを見たがっていたのではなく、私たちがテレビやビデオにしゅんちゃんの遊び相手を任せてしまっていたのだと気づかされて、とてもショックを受けました。

その後もごくたまーに、「テレビ見たいー!」と言うこともあったのですが、
「お家のテレビは壊れてるから見れないんだよ~」
と言うと、それ以上見たがることもなく、気づけば4年もたっていました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


ところがこの1ヶ月ほど、しゅんちゃんは何度も「テレビを見たい」と言うようになりました。

しゅんちゃん
「なんで家のテレビ壊れてるの? 直せばいいじゃん!」

と、ごもっともなことを言ってくるのです。

「ゲキレンジャーも電王もテレビでやってるんだよ!」

去年までは、しゅんちゃんは大好きなボウケンジャーや仮面ライダーカブトがテレビ番組だとは知らなかったのです。
テレビでは見ていなかったけれど、ショーや映画で見ていたので、保育園のお友だちとの会話もそれでうまくいっていたようでした。

でも子供たちのおしゃべりもだんだん上手になってきて、とうとうしゅんちゃんも真実を知ってしまったようです。
そして「ぼくもテレビ見たい!」という、あたりまえの気持ちがバクハツしたのでしょう。

しゅんちゃんが大きくなって、いつかこういう日が来るということは、もちろん予測していました。
いよいよしゅんちゃんと一緒にテレビを見る日が来たのです。

ただ「見ちゃダメ」と禁止するつもりはありません。

「みんなで家族の約束を決めて、守る」

という、絶好のチャンスにしようと思うのです。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


「家族の約束」は、私たちが一方的に決めて、しゅんちゃんに押しつけたのでは意味がありません。

そこでまずは、しゅんちゃんのお話しをじっくり聞いてあげることにしました。

「しゅんちゃんは、テレビで何を見たいの?」

「ゲキレンジャー! あと、仮面ライダー電王!」

「ゲキレンジャーと電王ね。 ほかには何かある?」

「ガオレンジャーとか仮面ライダーV3とか。」

「ガオレンジャーとかV3とかは、お父さんが子供のころやってたテレビで、今はやってないんだよ。」

「テレビつければなんでもやってるじゃん。 朝とか夜とか、テレビつけて一緒に見ようよ。」

「でも、保育園から帰ってきたらもう夜になっちゃうから、子供のテレビはやってないんだよ。」

「じゃあ大人のテレビ見る。」

「お父さんとお母さんは、大人のテレビ見るよりしゅんちゃんと遊ぶほうが楽しいなあ。」

「テレビだっておもしろいじゃん!」


しゅんちゃんが見たい番組は2つだけ、あとは特に何が見たいということではなくて、“テレビが見たい”だけのようです。


「しゅんちゃんはゲキレンジャーと電王が見たいんだよね。」

「うん。」

「お母さんさっき調べておいたんだけど、ゲキレンジャーと電王は、毎週日曜日の朝7:30から始まるんだって。」

「日曜日だけ?」

「そう。 日曜日だけなんだって。 でね、お母さん本当は1日1つだけ見ていいことにしようと思ったんだけど、しゅんちゃんゲキレンジャーと電王、両方見たいよね。」

「うん、見たい。」

「じゃあね、日曜日の朝だけゲキレンジャーと電王ふたつ見ていいから、ほかの日は見ないことにしようか? 月、火、水、木、金って保育園に行った日は、お家に帰ってから子供の番組やってないんだし、日曜日に両方見れるほうがいいと思わない?」

「うん! ゲキレンジャーと電王見ていいの?」

「朝7:30からだから、早起きしないと見れないよ。 お寝坊しちゃったら終わっちゃうからね。しゅんちゃん、ちゃんと起きられる?」

「お母さん起こしてよ!」

「目覚ましかけてあげるから、しゅんちゃん自分で起きようよ。」

「えー、ぼくぐーっすり寝ちゃってるから、目覚まし鳴っても気づかないんだよー! お父さんいっつも早起きしてるんだから、ちゃんと起こしてよー!」

「じゃあ、お父さんいい考えあるんだけど、『時計のハリー』にゲキレンジャーが始まる時間書いておくのは?」

「うん! そうする! そしたら、お父さんちゃんと起こしてくれる?」

「分かったよ。 目覚ましかけて、みんなで早起きすることにしよう!」

「しゅんちゃん、それからもうひとつ大事なお約束。 テレビを見るときは、必ずソファーに座ってみること。」

「分かってるって。 さっきお父さんが言ってたもん!」
時計のハリー


その晩、ベッドに入ったしゅんちゃんは、「ゲキレンジャーと電王見れるー! やったー!」と、ニコニコしながら眠りにつきました。

さくら
「よかった~、『家族の約束を決める』っていうのはとりあえず成功かな。」


ところが次の日の朝起きるなり、しゅんちゃんは大泣きしはじめました。

>>> 続きはこちら

「お父さん、お疲れ様!」 しゅんちゃんの花束 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
最近仕事が忙しく、しゅんちゃんと遊ぶ暇もないほど、今朝も寝坊していると、しゅんちゃんが起こしに来てくれました。

しゅんちゃん
「おとうさん、おはよう! もう朝だよー! 野球しようー!」

さくら
「しゅんちゃん、お父さんお疲れだから、もう少し寝かせてあげたら?」

「じゃあねー、いい考え思いついたよー!
きっと、お父さん元気でるよー! ちょっと待っててねー!」

チョキ、チョキ、ペタ、ペタ。

「お父さん! 見て! これプレゼント!
花束だよ! お父さん、これで元気でる!?

しゅんちゃんの花束で、「お父さん、お疲れ様!」

ひろし
「お父さん、元気出てきたー!
しゅんちゃん、ありがとう!」



*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・
【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」

「ぼく、はるちゃんと結婚するー!」 親ばか親子の会話日記 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

はるちゃんがかわいくてかわいくて仕方ないしゅんちゃん。

「はるちゃんは世界でいちばん強くて、世界でいちばんかわいいねー!」
世界でいちばんかわいいね!


しゅんちゃん
「ぼく、はるちゃんと結婚するー!」

「あれ? しゅんちゃんはお母さんと結婚するんじゃなかったっけ?」

「。。。。。。ぼく、お母さんと結婚する。」 (かなり気を遣ってくれてる感じ)

「でも、お母さんはお父さんと結婚してるから、しゅんちゃんとは結婚できないんだ~。」

「じゃあ、やっぱりぼく、はるちゃんと結婚するー!」 (かなーりうれしそう)


でも、しゅんちゃん、いつかはお母さんでもはるちゃんでもない誰かと結婚しちゃうのよね。。。

さみしいわ。。。
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。