スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「水族館に行って、ペンギンさん見たいのー!」 ほめ上手生活術 

しゅんちゃん
「水族館に行って、ペンギンさん見たいのー!」

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

この前の日曜日、しゅんちゃんが急にこんなことを言い出しました。

「なんで急にペンギンさん見たくなっちゃったの?」

「だって、ぼくペンギン組だから、ペンギンさんをよーく見てみたいの。」

「それはいい考えだね~! じゃあ、さっそく今から、水族館に行こう!」

「やったーー! ねえねえ、水族館にはペンギンさんのほかに何がいる?」

「そうねえ~、サメもいるし、しゅんちゃんの大好きなマグロも泳いでると思うよ。」

「あとは?」

「そうだ! いい考えを思いついた! まずは図書館に行って、お魚の図鑑を借りて、どんな種類のお魚がいるか見てみて、それから水族館に行くのはどう?」

「うんうん、そうするー!」

>>> 【学研図鑑 魚】
「学研図鑑 魚」


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


先日はこんなことがありました。

「お母さん、ぼく今度のお休みの日、図書館でチーターの図鑑借りたいんだけど。」

「へえ~、チーターなんてめずらしいね。 しゅんちゃん、チーターが好きなの?」

「うん! だってぼく今度『おおきなかぶ』のとき、チーターになるんだもん!」

「えっ? 保育園で、『おおきなかぶ』の劇かなにかやるの?」

「保育参観の日に、ホールでやるんだよ。 お母さん見に来てくれる?」

「わあ~、そうなんだ~、すごいね~。 お母さんぜったい見に行くからね! すっごく楽しみだな~!」


絵本「おおきなかぶ」では、「おじいさん・おばあさん・まご・いぬ・ねこ・ねずみ」がひとりずつ出てきて、なかなか抜けない大きなかぶをひっぱります。
「おおきなかぶ」
保育園では、子供たちがそれぞれに自分の好きな動物のお面を作って、その動物の役をやるらしく、しゅんちゃんはチーターを選んだのだそうです。


「しゅんちゃんは、どうしてチーターを選んだの?」

「だって、チーターは走るのがとーっても速いし、すごーく強いんだよ。 ぼく、チーターが大好きなんだー!」

「そうなんだ~。 前はライオンさんが好きって言ってたけど、ライオンとチーターどっちが好き?」

「チーター! ライオンよりチーターのほうが走るの速いんだよ!」

「へえ~! お母さん知らなかったよ~。」

「ねえお母さん、チーターってインパラ食べるんだよね。 ほかにはなに食べる?」

「肉食だから、きっと草は食べないと思うんだけど。。。シマウマさんとか食べちゃうかもね。」

「チーターより速く走る動物っている?」

「う~ん、どうかな~。。。」

「早く図書館に行って、チーターの図鑑借りようよ!」

「そうだね。 しゅんちゃん、すごいね~! 研究熱心だね~! チーターやるからには、チーターのこと研究しなきゃね。 うんうん、すごくいいことだね~!!」


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


人気メルマガ「親力で決まる子供の将来」の親野智可等先生は、
著書『「親力」で決まる!子供を伸ばすために親にできること』の中で、
「子供の頃の熱中体験がとても大切」というお話しをされていています。
「親力」で決まる!


たとえば、ウルトラマンが好きなら、ウルトラマンの着ぐるみをプレゼントしたり、ビデオを全部見せたり、絵を描かせて褒めてあげたり、本を書かせてみたり、などなど。
とにかく、ウルトラマンに熱中させて、それを究めさせると、よいことが二つあるのだそうです。

一つ目は、人が主体的に生きていくうえでとても大切な、熱中体験ができること。
熱中体験が豊富な人は、自分のやりたいことを見つけて、自分であれこれ工夫して楽しみを深めていくことができるのだそうです。

二つ目は、ひとつのことに熱中しそれを究めると、自信を持つことができ、それが自分自身への自信へつながること。
何かひとつの道を究めた子は、ほかの道も究めることができるのだそうです。


ちょうどこの本を読んだころ、しゅんちゃんは「はたらく車」にはまっていた時期でした。

図書館で手にする本はパワーショベルやブルドーザーなどの写真がたくさん載っている本ばかり。
ミニカーとブロックで工事現場を作ったり、描いて描いてとせがむのはいつも、「パワーショベルに乗ったおじさん」の絵。

お散歩中に工事現場を見つけると、立ち止まってじーっと見つめたまま、1時間以上もその場を離れようとせず、あまりに興味津々の表情で見続けているしゅんちゃんに、休憩に入ったおじさんが、
「ぼく、パワーショベルに乗ってみるかい?」
と言って、乗せてくださったことも何回もありました。


正直なところ、なんではたらく車がそんなにおもしろいのか、私にはよく分かりませんでした。
絵本だって、車の本ばっかりじゃなくて、もっと物語性のある、すてきなものを読み聞かせしてあげたいのに。。。


でも親野智可等先生のお話しを読んで、なるほどなあ~! ととても感動したのです。

しゅんちゃんは大好きな「はたらく車」を、絵本で見たり、絵に描いたり、工事現場を見たり、いろんな角度から熱中して、究めるということを、ごく自然にやっていたのだと気づきました。

私にとってはあまりおもしろいと思えないことでも、しゅんちゃんが興味を持っていることに熱中させてあげることは、すごく大切なことなのですよね。

なにより、自分の力で、興味を持てるものを見つけて、それに全力で熱中できるなんてすごい!

私なんて、この歳になった今でさえ、やりたいことが見つけられない、自分に何ができるのか、自分に何が向いているのか分からない、なんて思ったりもしているのに。。。


それ以来私は、しゅんちゃんが何かに興味を持ったらまずは、「へえ~! すごいね~!」と、興味を持ったことをほめてあげようと思いました。

そして、私もしゅんちゃんと一緒に、しゅんちゃんが興味を持っていることに熱中して、楽しもうと思いました。



はたらく車ブームが終わると、次は新幹線だったり、レンジャーシリーズだったり、動物だったり、昆虫だったり、そのときそのときでいつも何かしら興味を持っているものがあります。

しゅんちゃんは、はたらく車の熱中体験でやっていたのと同じように、いろんな角度から自分の楽しみを深めていっています。


私たち親ができることは、しゅんちゃんが興味を持ったそのタイミングを逃さずに、さらに熱中体験を深めることができるようにお手伝いしてあげることだと思っています。
スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/105-cbab8d5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。