スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分の豆まきで『1分間パパ』の叱り上手生活術 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
わが家は今日節分の豆まきをしました。
一日遅れは、しゅんちゃんの「豆まきは日曜日にする!」という気まぐれにあわせただけで、特に理由があったわけではありません。

しゅんちゃん
「鬼は外! 福は内!」
しゅんちゃんと楽しく豆まきをして、一年の福を願いました。

>>> 節分「鬼は外! 福は内!」 (動画)
(音声をオンにして最後の一言までお楽しみください。)
節分豆まき 「鬼は外!福は内!」


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

一週間前、しゅんちゃんは節分を待てずに、「お豆もう食べる! 食べる!」と騒ぎ出しました。 >>> 『1分間パパ』で叱り上手生活術 の続きです。

しゅんちゃん
「お豆、節分じゃなくても、もーゼーッタイッ食べるのがいいの!」

しゅんちゃんは、私とさくらが何と言っても聞き分けず、しまいには泣きながら、
「お豆食べる! お豆食べる!」

と、さくらをたたいたり、蹴り始めたのです。


ここでいよいよ、『1分間パパ』の登場です。

>>> 『1分間パパ わが子をどうほめ、どう叱り、どう導くか』
1分間パパ


私は、『1分間パパ』の <1分間で叱る法> をそのまま実践しました。


<1分間で叱る法> ステップ1
しゅんちゃんの目をまっすぐ見ます。
そして、しゅんちゃんの “ やったこと ” を、はっきりと具体的に言います。

ひろし
「しゅんちゃん、お母さんを叩いたから、お母さん痛くて痛くてたまらないよ! お母さんの中の赤ちゃんも痛くなっちゃうよ!」

ここで必ず、しゅんちゃんのことをしっかり名前で呼んであげます。 しゅんちゃんがやったこと、しゅんちゃんに向かって話していることをよりはっきりさせるためです。
そして、お母さん、赤ちゃんと、誰に何をしたのかはっきりとさせます。
特に名前を意識して呼ぶことは、わが家の親子の会話生活術です。
>>> アクティブ・リスニング 「同じ言葉を使う」 親子の会話生活術


<1分間で叱る法> ステップ2
次に、しゅんちゃんのやったことについて、“ 私がどう感じているか ” を誤解しようのないはっきりした言葉で “簡潔に” しゅんちゃんにいい聞かせます。

「お父さんは、こんなの嫌だよ! ぜんぜん楽しくないよ!
もうーっ! 本当にこんなの嫌で嫌でたまらないよ!
あーっ! 嫌だ!もっと楽しいのがいいよ!」

私は自分がどれほどストレスに感じているか、ストレートにはき出してしまいます。 私の嫌な気持ちを素直に口に出して 「嫌だ! 嫌だ!」と、しゅんちゃんに面と向かって伝えるだけで、不思議なくらい私のストレスみるみるうちに消え去っていきます。 そして心を鎮めて冷静になることによって、次のステップに余裕をもって進めます。

ただ、<1分間で叱る法> でもこのステップには充分注意が必要だと言っています。 決して、しゅんちゃんをサンドバックのようにしないように、“いつまでもくどくど言わない” ことを忘れてはなりません。
ですから、ここまでの2ステップには、口火をきったような、ほんのわずかな一瞬しかかかりません。

自分の気持ちを伝えることは、しゅんちゃんを傷つけることにはならず、むしろしゅんちゃんの “理解” を助けることになると言うのです。 確かにその通りだと思います。 わが家の親子の会話生活術では、自分のこと、感じていることを、しゅんちゃんがまだ4歳であっても、どんどん伝えていくことにしています。
>>> アクティブ・トーキング 「今日、お父さんはね…」 親子の会話生活術


<1分間で叱る法> ステップ3
しゅんちゃんに私の気持ちを感じとってほしいので、少し時間をおきます。

わずか2、3秒です。 私にとってもしゅんちゃんにとっても、とても気まずい時間です。 この瞬間は、しゅんちゃんは私のことを大嫌いになります。

しゅんちゃん
「お父さんなんか、もう大嫌いだから!」

しゅんちゃんは、そう言って、さらに泣きながら、「大嫌い! 大嫌い!」と大声を出しながら、私のことをたたいたり、蹴ったりしてきます。

それでも、気持ちが落ち着いた私は、しゅんちゃんから目をそらさず、できるだけ優しい目で見つめてあげることができます。


そして、いよいよ <1分間で叱る法> の “大切な” そして “効果的な” 後半を実践します。 <1分間で叱る法> は、この後半をしなければ、まったく効果がないと言います。 この後半こそが成功の鍵だというのです。


<1分間で叱る法> ステップ4
お父さんは、しゅんちゃんの味方だと分かるように、しゅんちゃんを見つめ、手で触れてあげます。
そして、しゅんちゃんは良い子なんだ、しゅんちゃんはお父さんにとって本当に大切なんだということを言葉で伝えてあげます。


<1分間で叱る法> ステップ5
最後に、しゅんちゃんを抱きしめて、叱ることは終わったと知らせてあげます。
そして、終わったらもうすべておしまいにして、むしかえしません。

私の場合、このステップ4とステップ5は、ほぼ同時にしてしまいます。 ここで 『1分間パパ』の <1分で叱る法> の最も大切なメッセージをしゅんちゃんに伝えることになります。
しゅんちゃんの “やったこと” はダメだけれど、“しゅんちゃん” はOK(ダメじゃない)ということを。

「お父さんなんか、大嫌い!」

そう言って、たたき始めようとしたら、そのままがばっと両手で抱きしめてしまいます。

「はなして! やだ! やだ! お父さんなんて、大嫌いだから!」

さらに、ぎゅーっと抱きしめながら、お父さんはしゅんちゃんのことが大好きだと伝えます。

「お父さんは、しゅんちゃんのこと大好きだから、ゼーッタイはなさないよ。
だって、しゅんちゃんのことが、
大好きで、大好きだから!

そして、わが家の親子の会話生活術がはじまります。
お父さんは “こうしたい” という具体的な行動の内容と、“そうしたらこうなる” という結果とその気持ちを伝えます。 このとき、決して、“次からはこうしなさい” というような命令にならないことに細心の注意を払って話します。

「お父さんは、しゅんちゃんとお母さんと3人で節分の日に楽しく豆まきをしたいの! そしたら、鬼も来ないし、毎日もっともっと楽しくしゅんちゃんと一緒に遊べるよ!」

それでもしゅんちゃんは、しばらく泣いて、暴れようとします。 さらにぎゅーっと抱きしめて、しっかりと言葉にして、しゅんちゃんを大好きだということ、こうしたらもっと楽しくなるということを話してあげます。

わずかな時間です。 同じことを、2回目を言うか言わないかのうちに、

「お母さーん!」

と、さくらの方に、私の手を振り払って逃げていきます。
さくらが、いないときには、そっと抱くのをやめてあげます。

もうこれで、 <1分間で叱る法> はおしまいです。
文章にすると長いのですが、1分間より伸びてしまうこともありますが、決して2分にはならない短い時間です。

しゅんちゃんは、私のもとから逃げていくので、私はゆっくりとソファーに座って新聞でも読んだりしはじめます。

はたして、こんな <1分間で叱る法> は効果があるのでしょうか?
私も最初は疑問でした。 あまりに単純で、瞬間的なことですから。
決して、何か特別なことをしているわけではないのですから。。。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

しばらくすると、だったい10分もするかしないうちに、しゅんちゃんは驚くほどニコニコになって、私のところに戻って来ました。

しゅんちゃん
「お父さん、この絵本一緒に読もう!」

大好きな絵本をもって、抱きついてきました。
何も言わないうちに、膝にのったり、手を私の方に回したり、<1分間で叱る法> を実践した後は、とても体をすり寄せてきます。

「お父さんも、この絵本大好きなんだよ。」

そう言って、さきほどの大騒ぎがまるでなかったかのように、普段の楽しい時間に戻ります。

そしてもちろん、それから今日の節分までの一週間、しゅんちゃんは一度も、「お豆食べたい!」 と言うことはありませんでした。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

『1分間パパ』の <1分間で叱る法> に、わが家の親子の会話の生活術をプラスした、<叱り上手生活術> は、子育てをする父親としての私にとって、とても大切な宝物です。

この <叱り上手生活術> を身につけたおかげで、しゅんちゃんと2人きりの時間も、いつでも安心して過ごせるようになりました。

その結果が、この親ばかひろしです。

>>> ひろしがくり返し読み直す『1分間パパ』で親子の会話生活術


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

【 無記名ワンクリックアンケート 】
「 あ な た も 親 ば か で す か (*^_^*) ? 」
スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

福は内

こんにちは、ひろしさんさくらさん。
ご無沙汰しておりました。
早いものでもう2月なんですねー。
なんだか我が家は波乱の1月が過ぎ、やっと今から4月のお兄ちゃんの入学式を迎えるため、落ち着いた年を迎えたいといったところです。

動画を久しぶりに拝見したら、編集がバージョンアップされて!素晴らしい~!じゃありませんか(^^)
それから一分間パパ、ママも参考にしよぉ~。
我が家は叱ったら、その後も叱った人がフォローするっていうのが我が家のルールなんですが、ちょっと似ていますか?
そして手短に尾を引かないーと思ってはいるんですけど、夫婦げんかもそうですけどーいつも上手くいくというわけにはいきません(^^;)

さくらさん
もう臨月なんですねー。
お仕事もして張り止めも飲んで、というときにはわたしもハラハラしておりましたが、よく頑張られましたね!
きっとベビーちゃんの生命力があるっていうことですね。

以前お話したとおり、ウチは二人ともお腹が張って、とくにお兄ちゃんがひどかったんですね。
そのせいか解りませんが、幼い頃私といすの背の間に挟まってきて「締めて、締めて!」ってよく言ってやっていました。
お腹の中が狭かったから落ち着くのかなぁ~と思っているのですが。
よく出産時のことを2~3歳頃になった子供は語るっていうでしょう。でも私は二人とも帝王切開でしたので、うちの子がおぼえていたことは唯一この「締めて、締めて」かしらって(笑)

無事出産されますように、元気なベビーちゃんお誕生のお知らせ楽しみにしていますねー(^^)

おもしろ~い(^^)!

さとるママさん、こんにちは。
今日からやっと臨月に入りました~!
「ぜったいムリしちゃダメですよ!」っていうさとるママさんのお言葉をいつも思い出して、なんとか臨月まではとがんばってきたんですぅ~
ご自分のことみたいに心配してくださって、ほんとにうれしかったです。 ありがとう!
「生命力がある」って言葉、うれしいですね。 たくましく生きてほしいです。

「締めて、締めて!」って、すっごいウケちゃいました(^^)
それってぜったいママのおなかの中での体験を再現してるんですよね~
しゅんちゃんが3歳になったころ、「お母さんのおなかの中にいるとき、どんな感じだった?」って聞いたら、両手を上にあげて、おしりをフリフリしながら「あのねー、もぞもぞってしてたー!」って言ってました。
しゅんちゃんのときはおなかも張ってなかったし、もぞもぞ動くスペースが充分あったってことなのかもしれないですね。

「赤ちゃんは3月の5の日に生まれる予定だけど、もっと早く生まれるかもしれないし、もっと後に生まれるかもしれないんだよね~。」という話を最近よくしています。
「しゅんちゃんがお母さんのおなかの中にいたときもね、しゅんちゃんがお外に出ようって思った日に、お母さんが『ウ~ン』って頑張って、しゅんちゃんもお父さんも一緒に『ウ~ン』って頑張ったんだよ~。」
なんてことを言ったりもしているのですが、出産の瞬間のことは語ってくれないので、記憶は残ってないのかも。

XPムービーメーカー

さとるママさん、こんにちは。 ひろしです。

波乱(?)の1月はもうすっかり落ち着いたのでしょうか。今年も早いもので、もう2月。 年々、月日の過ぎるのが早く感じます。
入学式、楽しみですね。 今年は暖かいから、桜が満開になるといいですね。

動画の編集、力が入ってきたのお気づきになっていただき嬉しいです! 字幕を入れたら、とっても見やすくなったと思います。

動画の編集ですが、ウィンドーズXPホームエディションのアクセサリについているムービーメーカーで しています。 さとるママさんも、XPをお使いでしたら、標準装備のこのムービーメーカーで、いろいろビデオの編集が楽しめると思います。

XPにこんな便利なソフトがついているのを見つけてしまったときには、びっくりしてしまいました。 きっとこれ以外にも、いろいろ便利なソフトが組み込まれているのでしゅおうね。


しゅんちゃんは、<1分間で叱る法> をした後は、フォローの必要がなし!という感じです。 <1分間で叱る法> をした後は、いつも以上にご機嫌で、とにかくニコニコとまとわりついてくるのです。

「ちょっと、お父さん、トイレ行ってくるから!」

と言って逃げ出してしまいたいくらいに。。。(笑)


夫婦ゲンカ。。。 こちらはやっかいでしね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/129-1f580cb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。