スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら、急性蕁麻疹+発熱で倒れる!w(xox)w w(xox)w w(xox)w 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
さくらが先週木曜日(2007年9月27日)から、急性蕁麻疹と38.7度の発熱で寝込んでしまいました。

私が目にしたのは、さくらの全身に出た発疹のようなぶつぶつに加えて、背中を中心に全身に広がる水ぶくれのような10円玉大の腫れでした。 その腫れは、目の上の両まぶたにも出て、まるで被爆した人のようにいたたまれない姿でした。

医師の診察の結果は、“疲れ”による急性蕁麻疹という診断です。
さくらは、その直前に食べた“栗”が原因ではないかと聞きましたが、

「栗ではないでしょう。
アレルギーの原因は特定するほどのものではなく、疲れだと思います。」

と言われたそうです。

けれども、仮に“疲れ”によってでも、これだけ“強いアレルギー症状”が出るということは、とても注意しなくてはいけないアレルギーの体質を持っているということをさくらは自覚しなければいけないと思いました。

しかも、呼吸にも違和感も少し感じているというのです!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・

さくらの症状を記録しておきます。

さくら
2007年9月26日(水曜日)
夕方
 しゅんちゃんの保育園のお迎えをじいがする。
 お土産に“栗”をもらう。
 “栗”を少し食べた後、左目の上のまぶたが腫れる。

夕食後
 栗を食べた後、両目が腫れる。

2007年9月27日(木曜日)
16:00
 皮膚科の病院を受診する。
 急性蕁麻疹と診断。
 熱っぽかったたが、熱は36.7度。 特に発熱症状はまだなし。
夕方
 薬の服用を始める。
 ポララミン錠2mg 1日2回 朝1錠/夜2錠 (3日分)
 ※医師によると、母乳育児にも妊婦にも問題はない薬と言うこと。
  薬の服用時間と授乳の時間は気にしなくてよいとのこと。。
 ※薬剤師からは、基本的に授乳に問題ない薬とされているが、
  可能であれば、服用後2時間は授乳を避けられればより良いとのこと。

はるちゃん
「うえぇ~~~んっ! (おっぱい、飲みたいよ~!)」

さくら
「はるちゃん、ピンチはチャンス!
はるちゃんは、もう麦茶も飲めるし、離乳食も食べ初めているから、これをいい機会に、おっぱいの感覚を2時間か3時間はあけるようにしようか?」

「ばぶー???」

深夜
 さくらをゆっくり寝かせるために、
 私ひろしは、ぐずるはるちゃんを連れて深夜の散歩へ。
 行きつけの寿司屋でゆっくりしようとするが、
 タバコのお客さんがいたので、そのまま散歩を続ける。

2007年9月28日(金曜日)
10:00
 さくら、しゅんちゃんを保育園に登園させた後、
 スターバックスでシナモンロールと抹茶フラペチーノでゆっくり休む。
 会社で汗水働くひろしの携帯にメールが届く。

さくら
「ちょっと贅沢しながら、ゆっくり休んでます。」(写真つき)
 
ひろし
「さくらーっ! 強いアレルギー症状が出ている人が、ケーキやお菓子を食べている場合じゃないだろー! 万が一にも、アナフィラキシーショックも考慮しておかなければいけ事態だろ!」

「だって、ひろしが『ゆっくり休んでね』って言ってくれたから。」

15:00
 ひろし、さくらのことがいろいろと心配で会社を早退。
 しゅんちゃんを保育園に迎えに行き、夕食を買って帰る。

2007年9月29日(土曜日)
夕食、入浴後
 発熱。 38.7度まで上がる。
 さくら、完全にダウン!

2007年9月30日(日曜日)
さくら、引き続きダウン!

さくら
「しゅんちゃん、今週はお父さんのバースウィークだから、夜のパーティーまでには元気になるから、昼間は休ませてね。 いい?」

しゅんちゃん
「昨日も公園にみんな(お友だち)と遊びに行けなかったし、ぼく、悔しいきもち。。。」

ひろし
「しゅんちゃん、元気なお母さんと遊ぶのが楽しいでしょ。 今、ちょっとだけ我慢したら、お母さん、元気になるから。 お父さんとはるちゃんと一緒に遊ぼうね。
さくら、元気なさくらが一番のプレゼントだから。 ゆっくり休んでてね。」

私は、さくらのアレルギー症状の行方が心配です。
スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

さくらさん大丈夫?

こんにちは。お久しぶりです。

さくらさん大丈夫ですか?
きっと神様が休んでもいいよっていう合図かもしれませんね。

私もそうですけど 
アレルギー体質はうまくコントロール!
これにつきますね。
全身が炎症する対象です。
子供さんに手がかかるとどうしても自分のことが後回しになりがちですけど、自分の体にもよーく耳を傾けてあげたいですね。

それから スタバでゆっくり~。。
とてもよくわかります。
私もよくやっちゃいます。スタバでプチ贅沢!

はやく症状が落ち着いて、心おきなくスタバでゆっくりできるといいですね。
お大事に。

(^^)しゅんちゃん おたんじょうびおめでとう!ますます男らしくなちゃって~ かっこいいよ!これからもやきゅうがうまくなるようにがんばってね~!

ありがとう!

さとるママさん、あたたかいメッセージ嬉しかったです。 ありがとう!
おかげさまで、まだ少し咳が出ているものの、ほとんど回復してきました。

>全身が炎症する対象です。

まさにそのとおりでした。 発疹が腕、脚、背中に広がって、首や頭皮にも出てきたのにはビックリしました。
でもポララミン2錠ですーっとひいていったのも、逆に恐かったですけれど。。。
それより恐かったのは、まぶたが腫れ上がって別人のようになってしまった自分の顔でした。

スタバでゆっくりプチ贅沢して、疲れがとれたような気がしたんですけどね。。。ひろしにあとですごく怒られました(^^ゞ
次は蕁麻疹が出てないときにしまーす(^.^)

本当にありがとう!!

私も蕁麻疹経験者です

さくらさん、2児をかかえて大変でしたね。
私も二児の母ですが、2年前に慢性蕁麻疹になり半年以上薬を手放せませんでした。私の場合は熱は出なかったものの1か月以上放置したためか慢性になってしまったようです。やはり疲労が原因でした。
子供も2人になると母の忙しさは大変ですものね。他にも不整脈まで、でてしまいました。
蕁麻疹の薬はジルテックという薬で初めは毎日服用しそのうちだんだん間隔を空けれるようになり、気がついたら飲まなくても蕁麻疹がでなくなっていました。
結構、疲労から蕁麻疹がでた話はあるようです。私はとにかくできるだけなまける(?)ようにしました。(そのお陰で下が幼稚園生になった今、家の片づけにおわれてますが)
さくらさんも、自分の体調1番に、育児なさって下さい。応援してます!

半年以上も!

ウルトラの母さん、こんにちは。
あたたかいメッセージをありがとうございました。

ウルトラの母さんは半年以上も蕁麻疹が続いてしまったなんて!!
私はたった2日でもかゆくてかゆくて仕方なかったですし、元に戻るのかどうかとても不安でいっぱいだったのに、ウルトラの母さんはもっともっと大変だったでしょうね。
子供が小さいと、自分のことでは気軽に病院に行けないものですよね。
今回、はるちゃんを病院には連れて行きたくないし、このままにしておいても数日経てば自然にひくかなとも思って、行こうかどうか迷ったのですが、たった1回お薬を飲んだだけでさっとひいたことを考えると、やっぱりすぐに病院に行ってよかったのかなと思いました。
疲れって、本当に怖いですね。
しゅんちゃんとはるちゃんのためにも、自分の体をもっと大切にしなければいけないなと思います。

ウルトラの母さんも、どうかご自愛くださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/247-48906fb3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。