スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらを大学病院へ!「しゅんちゃん、心配しないでね。。。」 

ひろし
みなさん、こんにちは。 ひろしです。
さくらの発熱は、昼間ひいていて夕方にかけて38度を超える慢性的な症状が続いています。 全身蕁麻疹が出て発熱した2007年9月27日から、波はあるものの続いています。

その後、薬の服用を続けても改善傾向が見られないと判断し、今朝これから大学病院へさくらを連れて行きます。

大学病院にしたのは、そこにはあらゆる受診科が揃っているからです。 みなさんも大人だと経験があると思いますが、「何科にかかればいいんだ?」という状態です。

さくらは、今日まで近所の個人医院にかかってきました。 7ヶ月の乳飲み子のはるちゃんがいるので、大学病院では時間がかかりすぎてしまうのと、院内感染を予防するためにです。

そのため、初めの蕁麻疹の時には皮膚科を、その後発熱が続いて、これはさくらのこれまでの経験からの判断で耳鼻咽喉科にかかりました。 それぞれ違う個人病院で、それぞれ違う薬が処方されています。

「何科にかかるべきか?」

これは病院に行く前に充分考えるべきだと私は思いました。
とは言っても、私たち夫婦は医師でも医療関係者でもありませんから、自分たちで症状からそれを判断することができません。

私たちはまずしたのは電話相談です。
3つの電話相談をしました。

1つは24時間365日対応で使いやすい医療保険に付属している医療相談窓口です。

2つめは今日行こうとしている大学病院の医療電話相談窓口です。

3つめは市民病院の救急外来窓口で、症状を伝え受診の必要性や何科にかかったらよいか聞きました。

結果は、それぞればらばらです。

そこで、何科にかかるべきか特定できないのであれば、選択肢が豊富な大学病院の総合医療相談科(注:何と言っていいのか知らないので、勝手にネーミングしました。)で診察を総合的に受け、何かを受診するべきかを決めた方が得策だと考えたからです。

そのために、昨晩のうちにさくらには、これまでの日付(時間)と症状の変化、服用した薬を一連にしてまとめてもらいました。 これは、お薬手帳と、幸いにも過去のブログの記事などから正確にまとめることができました。

こうすることによって、貴重な診察時間をより有効につかうことができます。

私は、急きょ半日休むことにして、(半日で終わるかどうかわからないけど)、さくらを大学病院まで連れて行き、しゅんちゃんを保育園まで送り、7ヶ月のはるちゃんをお守りしながら、待機する予定です。

しゅんちゃん
「お母さん、入院しちゃうの?」

さくら
「しゅんちゃん、心配しないで大丈夫よ。
お母さん、すぐに元気になるから!」

実はちょうど昨日、「となりのトトロ」を初めて見たのです。
みなさん、ご存知の通り、お母さんが入院しているお話しです。
それもあって、昨晩寝つく前には、

「ぼく、とてもこわくなっちゃった。。。」

と自分の気持ちを素直に話してくれていました。

まだ、さくらも、しゅんちゃんも、はるちゃんも寝ています。
眠れているうちは、寝かせといてあげようと思います。
起きたら、大学病院です。

スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

お大事に,さくらさん

おはようございます。

そうだったんですね。
早くはっきりして,治療がうけられますように。。

ひろしさんもお疲れさまです。
家族一丸となって頑張ってください。
応援していますよー!

お大事になさってください。

こんにちは、ひろしさん さくらさん。育児や日々の疲れだけではなく何かがあるのではと考えひろしさんが家族の事を守っていらっしゃるお姿に感動と同じくらい心配してます。
大学病院でしたら先生も診察されながら色々な科で詳しく検査もされますのできっと診断もお解かりになられるかと思います。

私も毎晩目を覚ましてしまいます。特に何かが不安なわけではありませんがそんなことが続いたら・・金縛りに遭いました。。胸が急に苦しくなり手がしびれて本当に怖い体験でしたが私が心の中がまだまだ不安定な証拠だと思いました。

話が変わりましたがさくらさんのお身体が一日も早く安定されることを心からお祈りしてます。
そしてひろしさんご自身もお身体ご自愛ください。

おかげんいかがですか?

ひろしさん、さくらさん、こんばんは。
診察の結果はどうでしたか?さくらさんの体調も心配だけど、HPの更新も大変じゃないのかと、PCにうとい私は思っています。さくらさんのことは、元気になった報告を楽しみにしていますので、お2人とも無理なさらず体調を優先してくださいね。
1日も早い回復をお祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お大事に

ひろしさん、さくらさん、こんばんは。その後さくらさんの体調はいかがでしょうか?はっきりした原因はわかりましたか?

私も以前、熱が上がっては下がってまた上がってを繰り返す時期がありました。たしか二人目が生まれて一番忙しい頃だったような気がします。その時は、毎日無我夢中で自分の疲労にも気付かないぐらい慌しく毎日を過ごしてました。というよりも、その忙しい生活に慣れてしまい疲れを疲れと感じてなかったのかもしれません。でも、今思い出すと「あの時よく体が持ったな」と関心してしまうぐらい頑張っていたと思います。
さくらさん、ご自分では気付いていないかもしれませんが相当お疲れではありませんか?発熱の原因が疲労かどうかはわかりませんが、今回の体調不良は体からのSOSかもしれませんね。ゆっくり休んでくださいね。

ひろしさんも、さくらさんはもちろん、しゅんちゃん、はるちゃん、色々心配ごとは尽きないとは思いますが、どうかひろしさん自身のお体も大事になさってください。

さくらさん早くよくなりますように

体調崩しているようで心配しています。
産後で免疫が下がっている上に、
この夏の疲れが出たこともあるのかな?
いつも心の暖まるお話を聞かせてくれるさくらさん。
早く元気になってね。
ひろしさんもとてもご心配だと思いますが、あまり無理なさらずにお大事にしてくださいね。回復を待っています!

ゆっくり休んで下さいね

最近ぴったんの症状も1年程安定しており、ご無沙汰してましたが、久々にこちらにおじゃましてびっくり!!
ぴったんが調子の悪いときは、さくらさんの言葉にどれだけ励まされたことか。
どんな言葉をかければよいかわかりませんが、これを機会にゆっくり体をやすめて下さい。きっと今までの疲れがドッとでたんですよ。
 ひろしさんもお疲れさまです。
気のきいた言葉をかけれずすみません。

応援ありがとうございました。

こんなにたくさんのみなさんからコメントをいただけて、本当に本当にうれしかったです。
ありがとうございました。
なかなかパソコンに向かう体力がなくて、お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

さとるママさんへ
スタバでのんびりしたあの日は、まだほんの序の口だったみたいです。
あのとき出た蕁麻疹と熱がおさまってそれで終わりなのかと思ったら、そこからだらだらと熱が続いてしまって。。。
副鼻腔炎は急性期でも1ヵ月くらい治療しないと良くならないらしいですけれど、薬も効いてきて少しずつ良くなってきました。
今回は長引いてしまったぶん、しゅんちゃんもひろしもとても心配してしまって家の中の雰囲気も暗くなってしまっていたのですが、大学病院に行ってから家族みんながホッとできました。
さとるママさんも疲れをためすぎないようにお気をつけくださいね。
「疲れたら、早めのスタバ」を合言葉にしましょ(^^)

まさきままさんへ
「金縛り」ですか!!怖い体験をしてしまいましたね。
金縛りもやっぱり疲れがたまっていたりするとなりやすいのでしょうか。。。
もしかすると心と体のSOSなのかもしれませんね。
睡眠って体を休めるためには本当に大切なんだと思います。 はるちゃんの授乳が終わるまでは夜起きるのは仕方ないとは思っているのですが、それでも、夜寝られないぶんほかで調整して、体を休めてあげるようにと思っています。
まさきままさんは、自分で目が覚めてしまうんですものね。 ぐっすり眠れるといいなと思います。
でも寝なきゃ寝なきゃと思うことが、逆にストレスになってもいけないので、もし夜中に目が覚めてしまったら、静かな音楽を聴いたり、アロマをたいたりして、横になっているだけでもいいと思うので、そんな感じでのんびり構えてみてくださいね。

カリメロさんへ
診断結果は副鼻腔炎でした。 今までにも2回なったことがあって、やや慢性化してしまっているようです。 とりあえず急性期の治療をするのですが、いずれは数ヶ月間薬を服用して、慢性的になっている炎症をとる必要があるそうです。
でもそうなるとはるちゃんの授乳をストップしなければならないので、私としてははるちゃんが卒乳してから治療したいと思っています。
それまでの間は、風邪をひいたりしてウィルスが鼻に入るとまた副鼻腔炎になってしまいやすい状態になっているので、できるかぎりの予防策をとろうと思っているのですが。。。
体調が悪いとPCに向かうこともできないものですよね。 本当に気をつけなければいけないですね。

ちびごんさんへ
大学病院の先生にも、開口一番、「疲れてない?」と聞かれました。
診断は副鼻腔炎でしたが、すべての原因の大元は疲れだったのだと思います。
ちびごんさんのおっしゃっるとおり、自分ではそんなに疲れていないと思っても、じつは結構ためこんでしまっていたのかもしれません。 体は正直なのですね。
私もちびごんさんみたいに、あとでふり返って、「あのとき頑張ったな~」って思えるかしら。。。
きっと子供がいくつになっても、子育てに悩みはつきものなのだと思うのですけれど、子供が小さいうちはいちばん体力勝負かもしれないですよね。
健康であればこそ、悩みながらも楽しい子育てができるはずですものね。
お互い、自分の体を大切にしましょうね~

ぶーままさんへ
産後の肥立ちが悪いっていうほどではなかったにしても、やっぱり若くないってことなんだと思うわ~(´ω`。)
ぶーままさんに教えていただいた水かぶりをさぼっていたのもいけなかったと思う。。。反省。
慢性化しつつある副鼻腔炎の治療をしないかぎり、くり返しなりやすいって言われてしまったから、とにかく風邪ひかないように気をつけなきゃと思っています。
そのためには、手洗い、うがいと水かぶりだと思うの!
これからはちゃんとやります!! (ホントに)

yammoさんへ
コメントとっても嬉しかったです。 ありがとう~!
疲れは、じわじわためて、ドッと出るんでしょうね。 まさにそんな感じでした。
こんなに大ごとになってしまって、自分でもビックリしてしまいました。 でも大学病院まで行ってみて、しっかり診断してもらえてすっきりしたのでよかったなって思っています。
ぴったんちゃん元気そうで私もうれしいです。 よかったですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/257-8184c945

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。