スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅんちゃん頑張ったね! 100回続いたキャッチボール 

さくら
みなさん、こんにちは。 さくらです。

昨日私は久しぶりに家族4人でランチしに行きたかったのですが、

しゅんちゃん
「ランチは行かない。 野球したい。」

と言い張るしゅんちゃんに押し切られて、冷たい北風が吹きすさぶ中、公園へ野球をしに行きました。

しばらく野球をしていると、「次はあっちで遊びたい。」と、公園の遊具で遊びたいと言い出したしゅんちゃん。

ひろし
「あっちでは遊ばないよ。 だって今日は野球しに来たんでしょ。」

「えー! 遊びたいー!」

「だめー! はい、キャッチボールするよー!」

「やだー! 遊びたいよー!」

「だめだめ、しゅんちゃんが野球したいって言ったんでしょ。」

「じゃあ、キャッチボール10回続いたら遊んでもいい?」

「だめ。」

「じゃあ50回だったらいい?」

「だめー。」

「じゃあ、100回だったら?」

「うーん。。。じゃあ、1回も落とさないで100回続けられたら、遊んでもいいことにしようか?」

「やったー! お父さん、行くよー! いーち!」

「にー」

「さーん」

100回はむずかしいよね~
せいぜい10回くらいしか続かないもの。。。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


しゅんちゃん
「。。。21、22、23。。。
もうー! なんでお父さんへんなとこに投げるのーー?
ちゃんと真ん中に投げてよーー!!」


「お父さん、けっこういいとこ投げてると思うけどなー。」

「ここが真ん中なの? 顔の前じゃん!」

「しゅんちゃんもちょっとは動かなきゃ!」


「。。。48、49、50。。。ああーー! せっかく50回までできたのにーー! 50回から始めたいーー!」

「だめだめ。 また1からだよ。 はい、いーち」

「やだーー!」

最初のうちは、キャッチしそこねてもニコニコしながらやっていたしゅんちゃんでしたが、なかなか続かないのでだんだんと不機嫌になっていきました。

失敗するたびにわーわー泣いて、ボールが高すぎるだの低すぎるだのと、文句を言い続けるしゅんちゃん。
それでも、泣きながら、ひろしが投げてくるボールをキャッチしては投げ返します。


そうやって30分以上はたったでしょうか。
はじめは10回も続かなかったけれど、だんだん上手くなってきて、毎回70回くらいは続くようになってきました。

「。。。96、97、98、99、100! ああーーーー!」

やったー、としゅんちゃんに駆け寄ろうとした瞬間、しゅんちゃんのグローブからボールがポトリ。。。

しゅんちゃん
「わあーーーーん!! 100回だったのにーー!! お父さんのせいだよーー! あと1回投げたら100回にするー! 100!!」

ひろし
「だめだよー。 例外はなし。 また1回からやるよ。」

さくら
「しゅんちゃん、大丈夫だよ! すごくうまくなってきたもん。 99までできたんだから、100まではもうすぐだよ。 できるよ!」

「うわーーーん!」

「いくぞー! いーち」

「にー」

わーわー泣きながら、手で涙をぬぐいながら、ボールをキャッチし続けるしゅんちゃん。

しゅんちゃん、がんばれー!
ぜったいできるよーー!
頑張ってーー!!


。。。97、98、99、100!


やったーー!!!

「しゅんちゃん、頑張ったね! すごいよ! すごいよー!!」

「お母さん感動して泣いちゃったよ。」

「えへへへ。。。」


少し照れたようなしゅんちゃんの笑顔。
その瞳には、100回できたんだっていう自信がいっぱいに溢れていました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。


ひろしとしゅんちゃんが黙々とキャッチボールを続けているのを固唾を呑んで見守りながら、言葉のキャッチボールは野球のキャッチボールと同じなんだなあと考えていました。

「なんでヘンなところに投げるのー!」「お父さんのせいだよー」としゅんちゃんは文句ばっかり。

でも、相手が投げたボールが悪いと責めても、キャッチボールは続きません。

それよりも、投げられたボールを体の真ん中でキャッチできるように、こちらが少し動いてボールをうまく受け止めれば、キャッチボールはそのまま続いていきます。


最近、「しゅんちゃん、なんでお母さんの言うことぜんぜん聞いてくれないの?」って思うこと、たくさんあったなあ。。。

でもしゅんちゃんにしてみたら、「なんでお母さんはぼくの言うこと聞いてくれないの?」って思っていたのかも。

ランチしたかったのはお母さんで、しゅんちゃんは野球したかったんだもんね。
お母さん、しゅんちゃんにど真ん中に投げることばっかり要求してたのかもしれないね。

頑張るしゅんちゃんの姿に、お母さん、すごく大切なことを教えてもらったね。
ありがとう。


親子の会話生活術
相手が投げてきた言葉にあわせて、
こちらが動いて、真ん中キャッチ

キャッチボール
スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

さくらさん、こんにちは
すごいすごい!
100回のキャッチボール。
あきらめずにがんばった、しゅんちゃん。
決して折れることなくやり遂げさせた、ひろしさん。
我が身を振り返りながらはげました、さくらさん。
すごいファミリーですね。
うちだったら・・・と考えました。
とても100回もつきあってないです。
相手が投げてきた言葉にあわせて、
こちらが動いて、真ん中キャッチ
本当ですね。
子供が赤ちゃんだった頃は、一生懸命赤ちゃんのメッセージを受け取ろうとしてたのに。
お姉ちゃんもお兄ちゃんも、妹のメッセージを受け取ろうとしている私をみているんですよね。もっとふたりのこともわかろうと受け止めていかないと分かり合えないんだね。
言葉があるから、かえって難しいのかもしれませんね。わかったつもりで過ごしているのかも。
とっても考えさせていただきました。
感動しました。
ありがとう。

がんばりましたね!

 こんにちは、さくらさん。

 100回のキャッチボール、しゅんちゃんもひろしさんも、素晴らしいです!しかも「連続」で、例外なしなんて、すごいってつぶやいてしまいました。

 私なぞ、近頃は、子どもの半泣きのお願いについかわいそうになったり、面倒になって根負けして(こっちのほうが多いかも。。。)、適当なところで妥協してしまうことが多くて、うーん、これはやっぱりまずいよなと考えていました。我慢させる場面、がんばらせる場面、向き合うように、親の私もがんばりどころ、ですよね。

 そういえば、言葉のキャッチボール、このところ5歳の娘とすれ違うことが多いです。娘のしたいことと(まだ、ブロックをしたいとか)、私のさせたいこと(早めに片付けて、寝る前の時間を親子でゆったりと持ちたい)が、うまくかみ合わなくて、結局怒ったりなんだか慌ただしく終わってしまう。言葉のキャッチボールで、もっと親子楽しめるように、すぐにうまくいかなくても、意識してみようと思います。
 そういえば、親子で筋肉痛になりましたか?
 

コメントありがとう~☆

なおママさんへ
私ね、しゅんちゃんがお母さんのこと好きでいてくれるのがあたりまえだって思ってたところがあるんです。 でも「お父さんのことは大好きだけど、お母さんのことは半分くらいだけしか好きじゃない」って言われて、すっごくショックを受けちゃった。
赤ちゃんのときからお母さん、お母さんって、あんなにお母さん大好きだったしゅんちゃんだったのに。。。
しゅんちゃんのこと分かってるつもりだったけど、しゅんちゃんのメッセージをちゃんと受け止める努力を怠っていたのかもしれません。

>子供が赤ちゃんだった頃は、一生懸命赤ちゃんのメッセージを受け取ろうとしてたのに。
本当にそうですよね。
私も、何でもしゅんちゃん中心にやっていたころとは違って、はるちゃんが生まれてからは「ダメ、ダメ」っていうことも増えてしまっていました。でもそれは、しゅんちゃんが投げたボールを取りに行きもしないで、真ん中に投げてよって要求してたんだなって。
しゅんちゃんとのキャッチボールがやりにくくなっちゃったなって思ってたけど、しゅんちゃんだってきっとそう思ってたはずですよね。
言葉のキャッチボール、100回続くようにがんばろうと思います。

りえたさんへ
りえたさんと娘さんとのこと、私としゅんちゃんもまったく同じですごくよく分かります!
私は今お風呂に入っちゃいたい、その後はごはんで、そしたらベッドに行って絵本を読んで。。。と勝手に決めて、しゅんちゃんにもそうすることを要求してしまっているのですが、しゅんちゃんは今は遊びたい、まだごはん食べたくないと、しゅんちゃんなりの主張と言うか気持ちがあるんですよね。
そこがうまくかみ合わなくって、しゅんちゃんと言葉のキャッチボールがうまくできないなあってちょうど感じていたところだったので、ひろしとしゅんちゃんのキャッチボールを見ながらこんなことを考えていたんだと思います。

今回、「例外なしで100回続ける」ってやりましたが、わが家もこういう厳しさって今までなかったと思います。 厳しくするのって親にとっては甘くするより難しいところありますよね。
でもこういうのもいいのかなって思いました。

筋肉痛。。。ひろしは次の日左腕が痛いって言ってましたよ。私だったら起き上がれないくらい筋肉痛になったかも(^^ゞ
しゅんちゃんはもちろんぜんぜん大丈夫だったみたいです。子供ってすごいわ~

頑張りましたね!

おはようございます、さくらさん。
今回も色々考えさせられる深い内容でした。
自分自身についても反省と課題にさせていただきます。
わが道行く!マイペースまーくんといるとイライラしたり心配も多くて日々悩みも多いのですが最近はすっかりおしゃべりが増えてきてまーくんなりの気持ちがあることがわかりました。
そしてもう少しまーくんの気持ちに寄り添うことも大切だと思いました。

りえたさんやさくらさんがおっしゃるように我が家もごはんを食べたら明日の事もあるから早めにお風呂に入れて寝かせたい・・と言う親の気持ちに対してまーくんはまだまだ遊びたいとかお菓子食べたいとか・・言い出してもういい加減にしてよ!!と思ったりしますが。。でも皆さんも一緒で少しホッとしました。私だけこんな風に感じちゃうのかしら??なんて思ったこともありましたから。ママは忙しいですもんね!
でもさくらさんに大切なことも教えていただきました。有難うございました。
それにひろしさんて本当に素敵な旦那様!そして偉大な父親像です。厳しくするって親にとっても自分との戦い?ですよね。でもそれを成し遂げたひろしさんは本当に素晴らしいなあと感動しました。きっとひろしさんとしゅんちゃんの信頼関係もますます深くなりましたよね。
それを見守っていたさくらさんとはるちゃんも心配しながらも頑張って!という熱い気持ちが伝わりましたよ。

すごいなあ。。私もまーくんと日々何かを感じられるよう言葉のキャッチボールを大切に過ごしていきたいと思います。


頑張りたい気持ち

さくらさん、こんにちは。
しゅんちゃん、キャッチボール100回なんてすごいですね!!私はできるかしら??(汗)きっと、その前の失敗があったからこそ、輝いて見える100回なんでしょうね。

うちの5歳の娘も4歳から本格的に楽器を習いだしました。初めて挑戦する曲だと「出来ない」って悔し涙もあります。最初の頃は「まだ4歳なのに、こんなに頑張らなくてもいいのに・・・まだ早かったかな?止めさせようかな」と、悩んだ時期もありました。でも、自宅での練習中「ちょっとお休みしたら?」と優しい言葉をかけても本人は「やだ!!まだやりたい!!」と涙ポロポロ流しながらでも頑張ろうとするんです。

4歳、5歳って「楽しいことだけ、やりたいことだけ。」「ママに怒られるから・・・やる」って感覚で生活してるのかと思ったら、そうでもないみたいです。「頑張りたい」って強い意志もしっかり持っているんだなと、心の成長にびっくりしてます。

しゅんちゃんも今回の挑戦できっと「頑張れば何でもできる」ってことを自分自身でしっかり確認したんじゃないかな?今後の成長が楽しみですね♪

あと、私も言葉のキャッチボールできてないです。
皆さんと一緒で、私の都合や考えだけで命令しちゃってる気がします。
そしていつからか私の顔色を伺ってど真ん中にボールを返してくれるのが、上の娘の方。下の息子は色々なところにボールを投げるから、仕方がなく私が動かされてる感じです。

娘にもっと自由にボール投げさせてあげなくちゃ。

しゅんちゃんエライ!!

100回のキャッチボール、頑張ったね、しゅんちゃん。
泣きながらもちゃんと”例外なし”でやり遂げることが出来て、自信もついたかな?

会話も同じ。。。確かにそうですね。
子供の成長と共に、真ん中に投げてもらうことを望む事が多くなっているような(汗)
最近の自分に反省です。

私事ですが、体調を崩してしまい、先週一週間、ゆうやを実家に預けていたんです。
土曜日に久しぶりに帰ってくるなり、
「ママ~、これで遊ぼう!」「ママ~、ママ~」と。。。
正直、まだ完治していなかったせいもあり、「もうちょっと静かにして!」と思うこともありました。
でも、ゆうやのこの言葉も、私が真ん中で受け止めてあげれば、もっと感じ方も違ってたはず、と考えさせられました。
寂しいのを泣かずに我慢してくれていたこと、早く気づいてあげられなくてごめんね、ゆうや。

すごいな~

しゅんちゃんもスゴイけど、ひとりではなりたたない事。家族の和をすごく感じて感動!!

私も今年に入ってマオとうまく意思の疎通が出来ないなと感じた時に先輩ママに
「マオに変わって欲しかったらまずは自分が変わる事」
と言われたの。
それから「気づき」ってすごく大事って事もいわれたっけ。

子どもを通して私たちも日々成長だね。
お互いがんばろうね。

ウルウル。。。

みなさんのコメントを読ませていただいて、ママたちの気持ちもすっごくよく分かって共感できるし、頑張ってる子供たちの健気な姿に感動してウルウルしちゃいました。
私たちみんな頑張ってるよね!
またこんなふうにみなさんとお話しできてとっても嬉しかったです。 ありがとう~(*^_^*)

まさきままさんへ
>最近はすっかりおしゃべりが増えてきてまーくんなりの気持ちがあることがわかりました。
これって当たり前なはずなのに、なんで忘れちゃうんだろう?って私自身反省してます。 親の都合ばっかり通すんじゃなくて、子供の気持ちに気づいて大切にしてあげなきゃいけないですよね。
はるちゃんくらいの赤ちゃんだって、ちゃーんと自分の気持ちや意思を持っているんですもの。。。

ひろしとしゅんちゃん、まさきままさんのおっしゃるとおり信頼関係がぐっと深まったみたいです。 子供はもちろん親に甘えたい気持ちがいっぱいだと思いますけれど、甘いだけじゃなくて、時には厳しさも、絆を深めてくれるものなのでしょうね。

ちびごんさんへ
ちびごんさんのコメントを読み返して、「やだ!!まだやりたい!!」と涙をポロポロ流しながら頑張る娘さんの姿を思い浮かべるたびに、胸にグッと熱いものがこみあげてきてしまいます。
子供って親が思っているよりずっとずっと、頑張りたい気持ちを持っているんですね。 本当に感動しています。
親である私たちにできることは、そんな子供の気持ちを精一杯応援してあげることなのかなって思いました。 お母さんが応援してくれてるからもっと頑張れるって思ってもらえたら嬉しいですものね。

>そしていつからか私の顔色を伺ってど真ん中にボールを返してくれるのが、上の娘の方。
私もそうだったな~
上の子って親の期待に応えなきゃっていう気持ちが強いですよね。 で、下の子は自分のやりたいようにやる(笑)
私も、親の気持ちとか期待とかとは別の次元で自由に行動できる妹が羨ましいとずっと思っていましたから。
真面目に頑張れるところが、ちびごんさんの娘さんのいいところですよね! そこを伸ばしてあげながらも、自由にボールを投げさせてあげられたら、それはすごくいいことなんじゃないかなって思いました。

ゆうやママさんへ
ゆうやママさんの「ごめんね」に、自分の気持ちを重ねて泣いちゃったよ~(ノД`)・゜・。
ゆうやくん頑張ったよね。 ママのありがとうの気持ち、ゆうやくんにちゃんと届いたと思います。

その後体調はいかがですか? ゆうやくんを預けるくらいだから、よっぱど具合悪かったんですよね。 心配です。。。
お仕事もあってなかなかゆっくり休めないと思いますけれど、どうか無理をしないで、早く元気になってくださいね。

ながさまさんへ
>「マオに変わって欲しかったらまずは自分が変わる事」
本当にそうですね。
この記事を書く前あたりは、しゅんちゃんに好きじゃないって言われたり、コミュニケーションもうまくいかないなあって感じて、正直悩んでいたんです。
でも、自分から動いてしゅんちゃんの言葉や気持ちを真ん中で受け止めようと意識するようになったら、急に意思疎通がうまくいくようになったように感じています。
しゅんちゃんもお母さんに甘えたいっていう気持ちを素直に表現してくれるし、「お母さん大好き~」って言ってくれたり。
まずは自分が変わると、ビックリするくらいすぐに、というよりほとんど同時なんじゃないかって思うくらいすぐに、相手も変わってくれるものなのですね。
でも本当は、相手は変わっていなくても、自分が変わるだけで相手との関係がいい方向に変わるのかもしれないなと思いました。

子供たちはこうやって親を成長させてくれているんだね。

元気になりました

ご心配おかけしました。
もう元気になりました。

実は、副鼻腔炎だったんです。
やはり症状は人によって違うようですね。
私の場合は、39~40度の熱が3日間続きました。
その後日中は微熱、夕方から夜にかけて38度台の熱が出るというのが2~3日続き、今はほぼ完治してます。

高熱が出ている間、家事は旦那任せ、ゆうやは実家任せにしていたおかげ(?)で、すっかり今週は怠け癖がついてしまいました。そろそろ元のペースに戻していかなくては・・・

今年に入って、私が体調を崩すことが多く、「年かなぁ?」と思う事が多々あるのですが、昨年後半の主人とゆうやのぜんそく診断で、頑張りすぎちゃったのかもしれませんね。。。
頑張る所と、力を抜く所の使い分けをして、私自身の体調管理もしっかりしなくては・・・と思う先週一週間でした。

まだまだ寒い日が多いので、さくらさんも風邪などに気を付けてくださいね。

ゆうやままさんへ

ゆうやママさん、副鼻腔炎だったんですね。大人で39~40度の熱ってかなり辛いですよね。元気になったみたいでホッとしました。
副鼻腔炎って熱が毎日のように上がったり下がったりするんですよね。私も去年なったときは辛かったです。

家族のことが中心でついつい自分のことを後回しにしてしまいがちになっちゃうけど、ママの元気が家族の元気ですものね!
お互い自分の体を大切にしましょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/288-d1de07ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。