スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の転機 

思わせぶりな記事をアップしてから、もう1週間たっちゃった。。。
ほんとうに時間がたつのは早いな~(って言い訳。。)

3月、3人目の赤ちゃんを授かりました。
ひろしは三兄弟で私は三姉妹だったので、結婚したころから「子供は3人ほしいね~」なんて言ってました。

でもしゅんちゃんとはるちゃんが4歳半はなれてしまって、私たちももう30代後半、現実的に考えてもうムリかな。。。
と半分あきらめていたのでうれしかったです。

妊娠3ヵ月に入ってからつわりが辛くて、辛くて。
ゴールデンウィークのころは、最低限の家事こそやっていたものの、しゅんちゃんとはるちゃんをひろしにお任せして、私はほとんど寝たきり状態。
ほんとに辛かった~~

5ヵ月に入ってやっとつわりから解放されて、そして6月10日の検診。
エコーに映った赤ちゃんは、じっとして動かず、心臓が止まっていました。。。

先生のお話では、これだけ小さい時期におなかの中で心臓が止まってしまうというのは、たぶん赤ちゃんの心臓に何かしらの病気があったのではないかということでした。

陣痛をつけての出産。
92g、17.5㎝、小さい小さい赤ちゃんでした。



あれから1ヵ月。
気持ちも少しずつ落ち着いてきました。
でもこうやって話していると、やっぱり涙がこみ上げてきてしまいます。

「たった5ヵ月の人生だったけど、意味ある人生だったんだと思うよ」と友達は言ってくれました。

本当にそうだと思います。
小さな小さな命は、私に大きな大きな影響を与えてくれました。

これからのことを考えてねっていう時間をくれたんだと、それが赤ちゃんが私にいちばん伝えたかったことなんだと思います。

だから考えました。
私はこれからどう生きていくのかを。。。


「初めての航海は、私にとって人生の転機だった。でもそのときは分からなかった。転機だったとわかったのは、あとになってからのことだ。」by ロイ・ディズニー

今回のことが、私の人生の大きな転機になるのだと感じています。

でもそれがどんな転機になるのかは、これから私自身がどう生きていくのかによって決まっていくのだと思います。



この1ヵ月のあいだ、そっと見守ってくれていた友人たちにこの場を借りてお礼を言わせてください。
どうもありがとう。

変わらず接して、私を現実の世界に引き戻してくれたしゅんちゃんとはるちゃんに。
ありがとう。

支えてくれたひろしに。
ありがとう。


最後にこの記事を読んでくださったあなたにも。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

似たような経験が・・・

さくらさん、こんにちは。

・・・辛い出来事があったのですね。
それでも、こうしてブログに書かれたということは、少し乗り越えられた証拠なのかな?
実は、私にも似たような経験があり、読みながら涙してしまいました。
私のは、ゆうやを授かる前、初めての妊娠の時で、そしてもっと早い時期での流産でしたが、しばらくは何もする気力がなく、ただただ呆然とすごしていました。

私の場合は、時が解決してくれましたが、さくらさんは自分自身の今後の生き方など色々考え、自分の力で立ち直ろうとしていらっしゃるので、エライです!

まだまだ思い出して辛い時も多いと思いますが、泣きたい時はがまんせずに泣いていいと思いますよ。泣いた後に、立ち直り、強くなっていくのではないでしょうか?

しゅんちゃん・はるちゃん・ひろしさんと、支えてくれる家族がそばにいるって心強いですね。

ゆうやママさんも。。。

「時が解決してくれる」
そうですよね。涙を止めることなんてできないし、悲しみを止めることもできない。どうすることもできない。ただただ悲しくて、悲しくて、その悲しみに身をゆだねてすごしてきました。

でも、友人たちの言葉のひとつひとつが、そしてそばにいてくれる家族のぬくもりが、少しずつ私を前へ前へと歩かせてくれているのだと思います。

ゆうやママさんも辛い経験を乗り越えて、ゆうやくんとゆのちゃんとの生活があるのですよね。。。

ゆうやママさんのこと、話してくださって本当にうれしかったです。ありがとう。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初コメントです・・・。

さくらさんへ

HNなんて、洒落たものはもっていないので、
ありきたりな名前で投稿させていただきますね(^^)

2年半程前に私も同じ経験をしました。
さくらさんと同じく、3人目の赤ちゃんでした・・・。

私にとってはそれまでの人生の中で最も辛い経験で、
しばらくは立ち直る術すら見いだせませんでした。

でも、ゆうやママさんのコメントにあるように、
「時が解決してくれる」
これが全てでした。

もちろん夫や子どもたちの存在は大きかったけれど、
一歩前に踏み出すのは結局自分なんですよね。
そして、そのために必要なものは「時間」でした。

「私のお腹に宿ってくれてありがとう・・・」
悲しみが感謝の気持ちに変わった頃、私の前進は始まったような気がします。

さくらさんの記事を拝見し、
しっかりと一歩踏み出せたんだね、と感じることができて安心しました。

これからも無理せず、さくらさんのペースで前進してくださいね。
  • [2009/07/08 00:04]
  • URL |
  • きょうちゃんママ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

きょうちゃんママさんへ

HN見て、最初はだれのことか分からなかったよ。コメントしてくれてどうもありがとう。

検診の直後にきょうちゃんママさんに会ったときに、「時間が解決してくれる」って言ってくれたよね。
この言葉にどれだけ救われたかわからない。
こんなに辛くて悲しい気持ちは、いったいいつになったら終わりがくるんだろう。。。と思えたけれど、でもこうして悲しみに身をまかせていればいつかは時間が解決してくれるんだって信じて、ただ、ただ、涙を流していました。

あせって無理して前に進まなくてもいいんだって思えたのも、きょうちゃんママさんのおかげだよ。
自分の心の声を聞きながら、時間をかけて、ゆっくり、ゆっくりここまでこれたと思います。

私の話を聞いてくれてありがとう。
きょうちゃんママさんのことも話してくれてありがとう。

きょうちゃんママさんに出会っていたことも、運命だったんだなあって思います。
これからもよろしくね。

私も、今、「卵巣機能不全」という病気みたい、で生理不順という状態です。
薬を投薬しないと、生理が来ないのです。
ドクターの話では、卵巣が機能をしていないから、生理も来なければ、妊娠も難しいかも・・・との事でした。
来月1日に、婦人科の先生と、これからの治療方針などを話し合ってくる予定です。
さくらさんも、3人目の赤ちゃん、残念でしたね。
でも、また授かるといいですね。

網香さんへ

そうなんですね。。。
いま若い人でも婦人科系の病気になる人が多いと聞きます。
網香さんの体もとても心配です。
信頼できるお医者様と一緒に根気よく治療を続けてくださいね。
きっと良くなりますように。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/357-831ff844

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。