スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブ・リスニング ステップ1「大泣きするのは、気持ちを分かってほしいから」 親子の会話生活術 

みなさん、こんばんは。 さくらです。

ハイム・G・ギノット著『子どもの話にどんな返事をしてますか?』の中に、こんな言葉があります。 少し長いのですが、引用させていただきます。

子どもたちは、強い感情に突き動かされているときには、だれの言葉も耳に入らない。忠告も慰めも建設的な批判も、受けとることができないのだ。
子どもたちは、自分のなかで起こっていること、自分がその瞬間に感じていることを、わたしたちに理解してもらいたがっている。それも、経験したことを全部説明しないまま理解してもらいたいのだ。
それは、子供が自分の感じていることを少しだけ見せるゲームのようなもので、残りはわたしたちが当てなければならない。
>>> 『子どもの話にどんな返事をしてますか?』 
子どもの話にどんな返事をしてますか?


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


「お母さーん、一緒に色ぬりしようー!」

「お母さん、いま夕ごはん作ってるから、ごはん食べ終わったら一緒にやろうね~。」

「うーん。」


これは、保育園から帰ってきて、毎日のようにしている親子の会話です。

「ヤダー、色ぬりしてから、ごはん作ればいいじゃーん!」

とゴネられることのほうが多いのですが、この日は、特にゴネることもなく、しゅんちゃんはひとりでもくもくと、ボウケンジャーのぬりえをしていました。
>>> 「ぬりえを無料でプリントアウト」 遊びの生活術


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


さあ、あとはお茶碗にごはんをよそったら、夕ごはんの準備はOK!
と思った、ちょうどそのとき。。。

「あーん! 色えんぴつの芯が折れちゃったよーー!」

「あらあら~。 ちょうどごはんの用意ができたから、しゅんちゃん、こっちきて食べよう~。」

「やだよー! これぜーんぶ塗り終わってからごはん食べるのー!」

「でも、しゅんちゃん、さっきおなかペコペコで早くごはん食べたいって言ってたから、お母さん大急ぎでごはん作ったんだよ。 それに、お父さんとお母さんも、もうおなかペコペコだもん。 ごはんにしようよ。」

「あーん、あーん。 もーう、お母さんが悪いんだよー! お母さんのせいで色えんぴつが折れちゃったんだよー! あーん! あーん!」

「だけど、お母さんはなんにもしてないじゃない?」

「だってー、お母さんが悪いんだよーー! あーん、あーん!」

「折れちゃったものはしょうがないじゃない? ごはん食べたら、その色えんぴつ削ってあげるから、まずはごはん食べちゃおうよ。」

「うわーーん! うわーーん! うわーーん! うわーーん!」


せっかく作ったお料理はどんどん冷めていくし、私はおなかがとてもすいているから、イライラ。

わざと叫んでいるんじゃないかと思えるし、あまりに長い時間泣き続けるので、しまいには、「いい加減にしなさい!」と声を荒げそうになりました。

ふーう、っとひとつ、大きな深呼吸をして、気持ちを落ち着かせようとしたとき、冒頭の一節が頭に思い浮かびました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


そうか! そうだったんだ!

  「折れちゃったものはしょうがないじゃない?」という忠告も

  「ごはん食べたら、その色えんぴつ削ってあげるから」という慰めも

  「お母さんはなにもしてないじゃない?」という建設的な批判も

しゅんちゃんの耳には届いていなかったんだ!

泣きながら、その瞬間にしゅんちゃんが感じていることを、理解してもらえないから、あんなふうに大声で叫んで、泣きながら訴えていたんだ!

しゅんちゃんが泣きながら言っていた言葉は、しゅんちゃんが感じていることを、少しだけ私に見せてくれていたってこと。

私は、その言葉にかくされていた、しゅんちゃんの本当の気持ちに思いをめぐらせて、想像して、残りの部分をあててあげればよかったんだ!


「うわーん、うわーん!」と大泣きしていたしゅんちゃんが、本当に言いたかったことは、なんだったんだろう?
しゅんちゃんは、そのときどんな気持ちだったんだろう?


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


「しゅんちゃん、お母さんと一緒に色ぬりしたかったんだよね。」

「うえーん。」

「お母さんがごはん作ってる間、ひとりで色ぬりしてるの寂しかったね。」

「うん。。。」

「待っててくれて、ありがとね。」

「うん。。。お母さん、ごはん食べよう。 ぼくもうおなかペコペコだよ。」


冒頭ご紹介した言葉が、自分の実感として、私の中にストンと落ちていきました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.


『アクティブ・リスニング』ステップ1

しゅんちゃんが泣いているとき、
しゅんちゃんが私に分かってもらいたいと思っていること、
本当に伝えたいと思っていることを、

しゅんちゃんの気持ちに寄り添って、思いをめぐらせ、想像して、
「本当は、こんなふうに思っているんだよね。」
と、言葉にしてあげること。



*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.

>>> アクティブ・リスニング ステップ1「言葉にできない気持ちを、聞き取って、言葉にしてあげる」 親子の会話生活術


>>> アクティブ・リスニング ステップ1 「ただ黙って寄り添っていてほしいだけ…」 親子の会話生活術

スポンサーサイト
  ウィメンズパーク-ベネッセ-

コメント

気持ちに寄り添う、ほか、伝えたいこといっぱい

おはようございます。

さくらさんの「アクティブ・リスニング」読ませていただきました。

こんなことを思い出しました。
くもちゃんが生まれて3ヶ月が過ぎたころでしょうか?りゅうりゅうがときどきくもちゃんをたたいています。
普段は「くもちゃん、くもちゃん」とすりすりとなりに寄り添ったり「くもちゃん大好き」な子です。たたいてしまう自分にりゅうりゅうも困っているようでした。

「かわいい弟。でもパパとママをとられちゃった気もする。ボクのおもちゃも触ってる。かわいい、くやしい。」
そんなりゅうりゅうの気持ちがなんとなくわかりました。
なにかいい方法はないかな?と思っているときに、図書室で東君平さんの「すき ときどき きらい」という絵本を見つけました。

「小学生の兄」が「2歳の弟」が自分よりかわいがられているような気がして、ちょっとくやしい。でも、学校から帰ってきたとき「お昼寝おこさないでね」といわれると、遊びたくて起こしたくなる。「弟」がおこられていると、自分もおこられているようなきがしてつらい。
「兄」の相反する気持ちをたんたんと描いた絵本でした。

「これだ!」
すぐに借りて、帰宅後にりゅうりゅう、くもちゃんと読みました。りゅうりゅうは繰り返し読みました。

わたしは兄弟だって、家族だって、「すき」なときも「きらいになる」ときもあるよ。
「きらい」「くやしい」「にくい」という気持ちを否定するのではなく、感情を感情として認めてやりたかったのでした。

まもなく、りゅうりゅうは「くもちゃんをすきなときと、きらいなときと、どっちもあるよ。」と笑いながら話せるようになり、それからはむやみにたたくこともなくなりました。
まわりが驚く仲良し兄弟です。
りゅうりゅうなりに自分を認められたんだと思います。
これって、さくらさんのおっしゃっていることに少しはつながってますか?

わたしは自分自身が人付き合いに自身がないほうで、息子たちとの接し方もすごく手探りです。でも「負」とされるような感情も封印せずに見つめられる子育てしたいな、って思います。

お話がちょっと飛びますが、「約束が守れないとき」や「悪いこと」をしたとき(多くはやっちゃいけないよ、となんども言われつつやってしまった事柄)のことに関してりゅうりゅうは
「ぼくの中にもロールパンナちゃんがいて、悪いことするときはブラックロールパンナがでちゃう」とパパに話したそうです。「魔が差す」というような意味合いもあるようです。
結構いいカンしてると思いませんか?(←それこそ、親ばか~?)

さてさて、ブラックロールパンナを否定せずに共存できるように、わたしもゆとり持たなくちゃ!

さくらさんとひろしさんの言葉は、いつもわたしにヒントになるだけではなくって、すぅっとはいってくるんです。感謝、感謝です。


まったく違う話ですが。

☆晩酌大好きひろしさんへ
動画、ちゃんと見られます。しゅんちゃん見たさに遊びに来てる部分もあるんで…。不具合についてはわたしはまったく詳しくないのでわかりませんが…。

毎日晩酌で、朝起きれなかったりはしないんでしょうか?わたしたち夫婦は「飲んだら最後」翌日を棒に振ってしまいます。もしかして、高機能肝臓???(爆笑)

☆ねえさんのようなさくらさんへ
天カスですが、近くのスーパーで一袋78円で売ってます。常温だと油焼けして悪くなるので冷凍保存で常に我が家においています。
おそば、うどん、そうめん、お好み焼きにはもちろんのこと、「給料日前」(今時期…)の「節約卵とじ」に天カスいれるとおいしいんですよぉ~。
もちろん長ネギとしいたけが必須アイテム。
食べるの大好きなんで、エビペンネ食べたくなっちゃいました。
いいなぁー、香りもしてきそうでしたよぉ♪

これからも遊びに来ます。よろしくね!!!

龍と雲のママさん、すごいです!

大好きなくもちゃんをたたいてしまう自分にも困ってしまっていたりゅうりゅうくん。 大好きなときもあるけれど、「きらい」なときや「くやしい」ときもあって、そういう気持ちになることを、「いけないことなんだ」とか「ダメなんだ」って思って、自分自身を否定してしまう可能性もあったわけですよね。
でも、

>「きらい」「くやしい」「にくい」という気持ちを否定するのではなく、感情を感情として認めてやりたかった

と、龍と雲のママさんが考えることができたから、りゅうりゅうくんは自分自身のことを認めてあげることができて、そんな自分を好きになることができたんだと思います。

>兄弟だって、家族だって、「すき」なときも「きらいになる」ときもあるよ。

大人だってそうですよね。すきなときも、きらいなときもあって、それが当たり前のことなんですよね。 そういう感情を、否定せずに、そのまま受け止められるというのは、とても大切なことだと、私も心からそう思います。

龍と雲のママさん、すごいです!

ブラックロールパンナちゃんかあ~
りゅうりゅうくん、自分の気持ちや行動を、ブラックロールパンナちゃんにたとえて表現するなんて、4歳児とは思えな~い!
これも、感情を感情として認めてあげるという、龍と雲のママさんの子育てに対する考え方が、りゅうりゅうくんにしっかり伝わっているからなんだと思います。


天かすは冷凍保存なのね☆
以前おそばやさんでいただいた天かすを、冷蔵庫に入れといたら、油でベショベショになって、半分くらいになっちゃってたのよ~
龍と雲のママさんって、お料理上手な素敵な奥さんって感じだわ~(*^_^*)

いっぱい遊びにきてね! 待ってます♪

りゅうりゅうくんに乾杯!

龍と雲のママさん、こんばんは。 ひろしです。

> さてさて、ブラックロールパンナを否定せずに共存できるように、わたしもゆとり持たなくちゃ!

自分の中のブラックロールパンナを見つけてしまう、りゅうりゅうくん、ちょっとすごくないですか!

「すごい! こんなすごい4歳いないよ~!」

いつも、しゅんちゃんに言っているフレーズですが、今日はりゅうりゅうくんに。

いや、ほんとにすごいです。 私自身が感心しています。
私は心配性なので、何か心配と感じることがあると、
いつも自分に問いかけます。

「何を心配しているんだ? 心配していることをはっきりさせろ。
何を、どう感じて不安になっているんだ?
感じていることが分かったら、何を分かっていて、
何を分かっていないのか、物事を整理してみろ。
自分を理解して、自分の力で気持ちをコントロールするんだ。」

特に難しいのは、自分自身が何をどう感じて、それがどんな気持ちや感情に発展して、次の行動に結びついているかを、自分自身で知ることです。

りゅうりゅうくんは、4歳ですでに自分の感情をコントロールするスキルを身につけはじめているようですね。
自分の中の、「魔が差す」部分を、自分で見つめられるというのは、大人でもなかなかできないことです。

『今回の失敗で2000億円の借金を抱えました。 いくらあなたでも不安で押しつぶされてしまいそうではありませんか?』

『私は何も不安に感じていない。 なぜなら私は今やるべきことを知っていて、しっかりとそれをやっている。』

私ではありません。 アメリカの不動産王ドナルド・トランプ氏の言葉です。 アメリカの不動産とカジノで一時は栄華を極めましたが、その後転落してしまいます。 テレビリポーターの皮肉たっぷりなインタビューに、毅然とした態度で答えていました。

自分自身の中を見つめられる人は、自分の進むべき道も見つけられる人です。

りゅうりゅうくん、どんな苦難ものり越え、立派に成長しそうですね。
これからが楽しみです。

> わたしたち夫婦は「飲んだら最後」翌日を棒に振ってしまいます。

なんか学生時代の自分を思い出しました。

「明日、暇~?」

「暇だけど、何?」

「今晩、飲む?」

龍と雲のママさん、若いですね~。

ではそろそろ、りゅうりゅうくんに乾杯!ということで。
さくら~、今晩の肴、一品多くしてね~。 期待してるよ~。

こんばんは。

ひろしさんさくらさん、ためになるお話をいつも有難う!

みんなステキだな。
私も日々よっけとどう向き合ったらいいか、どう話したらいいのか葛藤の嵐です(-_-;)

涙ボロボロ流してただ泣くしかないよっけに、あと一言、あと一言言ったら解ってくれるかなってやめればいいのにクドクド言ったり、
ああもう手に負えないと思ったら「勝手に泣いてろ!」って突き放してしまったり。

よっけに要求する事って自分だってろくに出来ない事ばっかりなのにね。デヘ。



私ももう少しよっけの気持ちに寄り添おう。

明日は今日よりよっけに優しく出来るかも。

龍と雲のママさんもほんとに有難う(*^_^*)

こんばんは。
風邪で久しぶりに寝込んでしまったのでした。
どうやら気管支炎らしく,喘息っ子の気持ちがちょっぴり分かった3日間でした。

ウチの大泣きのお話
ウチのお兄ちゃんも大泣きするときは,私を打ったり叩いたりで手をつけられなっかたりするんですよ。うまく気持ちを伝えられないんだわねぇ。。と思ってても,6才ともなれば力も強いですからね。。
先日半年ぶりかで大泣きされ,打ったり叩いたりして訴える姿にマジでこっちも悲しくなりました。
きっかけはゲームでした。ゲームボーイです。その日は小児科に定期受診することになっていたのですが,約束の時間になってもゲームから離れられずにとうとう時間に間に合わなくなってしまいました。
本人もルール違反ということはわかっていたようで,ゲームをしたい気持ちと病院に行かなかったという罪の意識と。。折り合いがつかず感情が爆発!!
もう力ずくで病院に連れて行けるものでもないしですね。
けっきょくその日は気が済むまでゲームを。。その間私は気が済むまで1時間の長風呂を。はぁ~。。ダメ母です。

定期受診まだなんです。
明日は行こう。日に日に痰が絡んできているのは確かです。本人も気づいているでしょう。
思春期に喘息のコントロールが難しくなるということがわかったような出来事でした。

ウチの天かす
ウチもスーパーで買って冷凍保存です。
先日イカ風味の天かすっていうのを買って,焼きそばにいれたらおいしかったですぅ(^^)

それではまた~
夜更かししちゃまた寝込んだら洒落になりませんね~(笑)

親だって「すき ときどき きらい」

おはようございます。 さくらです。

ぶーままさんへ

>涙ボロボロ流してただ泣くしかないよっけに、
>あと一言、あと一言言ったら解ってくれるかなって
>やめればいいのにクドクド言ったり、
>ああもう手に負えないと思ったら
>「勝手に泣いてろ!」って突き放してしまったり。

いっしょ、いっしょ~
私は、いつまでも大泣きし続けるしゅんちゃんに、

「あー、もー、いつまで泣いてるんだろうー! しつこいなー!」

って思っちゃうんです。
そう本人に向かって言うのは絶対にやめようと思っているので、かろうじて自分の胸の中にとどめてはいるのですが、そんなふうに思ってしまう自分に自己嫌悪で。。。

でも、龍と雲のママさんおすすめの、「すき ときどき きらい」を読みながら思ったんです。
親がわが子に対して、「もー、うるさいなあー!」とか、「いいかげんにしてよ!」って否定的な感情を持つことがあったって、いいんじゃないかなって。 否定的な感情を持ってしまう自分を否定するんじゃなくて、その感情は感情として自分自身で認めてあげて、じゃあその否定的な感情を持った自分が、どう対処するのか。 その感情をそのままわが子にぶつけてしまってはダメだと思うけど、否定的な感情を自分自身の中で自覚しつつ、冷静に対処できればいいんじゃないかな。 そんなふうに思いました。親だって人間だもん。
って。 これって、ただ自分を正当化してるだけかな。。。?

>>> 「すき ときどき きらい」 絵本生活術
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/blog-entry-73.html


さとるママさんへ

体調はどうですか?
コメントはとってもうれしいけど、夜更かししないで、万全に治してくださいね(*^_^*)

>本人もルール違反ということはわかっていたようで,ゲームをしたい気持ちと病院に行かなかったという罪の意識と。。折り合いがつかず感情が爆発!!

こんなふうに冷静に分析できてるさとるママさんは、ぜんぜんダメ母なんかじゃない~!
しゅんちゃんも、 自分の気持ちをうまく言葉にできなかったり、自分の中でいろいろな感情が入り混じって、折り合いがつかないときに爆発してるなって感じてます。

ゆっくりお風呂につかって、頭を冷やすっていいですね。 私も今度やらせてもらおうっと。
感情的に怒ったり、怒鳴ったりしそうになったとき、私がいつもしているのは、「トイレに入って、腰掛けて、深呼吸する」こと。 そんな余裕もないときは、いったんしゅんちゃんから離れて、深呼吸をひとつしてから、もう一度しゅんちゃんに向き合うようにしています。


イカ風味の天かす入り焼きそばって、おいしそ~♪
今度スーパーでよく探してみますね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyabakaseikatsujutsu.blog76.fc2.com/tb.php/67-f60f0d86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。